教 師 道

日々の出来事を綴っていきます

2019年11月20日「朝の挨拶」

5時50分頃に起床。
昨夜は1時過ぎに就寝。
睡眠時間は圧倒的に足りないが、気分はだいぶスッキリしている。

昨夜の飲み会からの帰り道、頭はかなりクリアな状態。
お酒も入っているせいか、色々と考えることもできず。
それがよかった。
細かい“悩み”に正対できない。
悩みがあるなら、流せばいい。
それくらいの感覚がいいのかもしれない。
状態が悪い自分に錯覚を与えてしまうくらいがちょうどいい。

朝の支度。
食パンを3枚食べる。

出勤。
ここ最近では、朝の状態はいい方だ。

8時、子供たちが登校。
教室で迎える。
『おはようございます!!』
私の声「も」教室に響く。
久しぶりの感覚。
行動を先に持ってきてしまえばいい。
とは言え、昨日までも頭では分かっていたこと。
やはり昨日の夜で、心が戻されたのだろう。

朝は読書。
状態は、決して悪くはないが…
ここからガクンと感情が下がるのも怖い。
だったら感情を上げなければいい。
起伏を少なくしたい。
今は、できる限りフラットな状態をキープ。
あえて感情を抑えめにしながら過ごす。

1時間目は総合。
空き時間。

2時間目、社会。
子どもの自作問題を解く時間。
この時間は、私の介入はほぼゼロ。
「印刷」という準備をしてしまえば、後は子どもが解き、子どもが採点をする。
ちょっとした“刺激”を入れようと思えば出来るのだろうが…
今の自分には、少々厳しい。
“静観”できる時間が、実は有り難い。
10分ほど行う。

私から問題を出す。
知識系の問題。
最近の社会科の悩みは、いかに「知識」を定着させていくか…
「先生問題」と称して、いくつか出題する。
1問30点で3問。
以前も行ったが、こういうちょっとした取組が、案外に盛り上がる。

フラッシュカード。
ヨーロッパを中心に行う。
昨日のカードにプラスアルファ。

そのカードから位置を探していく。
毎日出している国なので、探す時間は短く…

昨日得た感覚を大切にする。
ちょっとだけテンポを落として行う。
穏やかに…穏やかに…

地名探し。
九州南部で行う。
地名がぎっしり。
これもまた盛り上がっていい。
一度見つけた地名には、マーカーでチェックを入れる。
この“積み重ね”の可視化が、どう影響してくるだろうか。

教科書を読む。
「工業製品が増えてきて、生活は便利になった」
ここから発言していく。
身近なこと、知っていることを中心に。

「一方で、工業製品が増えたことで起きる問題」
これについても班の中で意見を交流する。

社会科の時間。
終始、私の気持ちが「穏やか」に進んだ。
今の自分に「必要な要素」だと思う。

中休み。

3時間目、算数。
なんのこれ式、10パズルで導入。

ボルトの速さを元に、時速・分速・秒速を計算する。

教科書問題。

この後、色々と対応。

4時間目は理科だったため、ちょうど空き時間。

給食。
やっと一息つく。

昼休み。

掃除。

5時間目、展覧会の立体作品の搬入。
その後、展覧会当日の図工制作の準備。

下校。
家庭科の対応。
展覧会会場の仕上げ。

定時になったが…
ここから家庭科作品を展示する。
学年で行う。

19時半、ある家庭へ連絡。

20時、退勤。