教 師 道

日々の出来事を綴っていきます

2019年11月19日「楽しくやっていけばいい」

6時過ぎに起床。
今朝も一度3時過ぎに目を覚ました。
そのまま起きていようか悩んだが…
二度寝

今朝はすっきり目覚められた。
カーテンをあけると、曇り空。
雨が降った形跡がある。
天気も気分も晴れないな。

身仕度を整えて出勤。
徐々に晴れ間が見えてきた。

コンビニでおにぎり2個を購入。
職員室経由の教室へ。
おにぎりを食べながらリラックス。

印刷すべきものをもって、再び職員室へ。
8時、子供たちが登校。
うーん…
今日も職員室で過ごす。
気持ちが弱っているから行動できないのだろうが…
行動を先に持ってきてしまえば、気持ちは後からついてくることもある。
色んな葛藤を抱えながら、朝を過ごす。

8時15分、教室へ。
挨拶をして入室。
先ほど職員室を出る際に、学年の先生に“あること”を伝えられた。
指導すべき事項…

教室に入り自席に着くや否や、声を荒げて指導。
こんなに厳しく指導すべきことではないのに…
「感情的な指導」とは、まさにこのこと。
指導後、最悪な気分に襲われる。
教室の雰囲気も最悪…。
完全に、私が雰囲気をぶち壊している。

8時35分、朝の挨拶。
私は、ある子と話をしていたために挨拶できず。
いや、挨拶“せず”か。

1時間目は算数。
それぞれの教室へ。
この雰囲気・気分のまま、クラスでの授業をするのは危険だったろう。
一旦解散。
これでよい。

・なんのこれしき(2回目)
クラス混合の算数では、初の取組。
我がクラスでも久しぶり。
他クラスの子にとっては、初めてだが…
2回目にして1分台で終える子も出てきた。
すごい。

・10パズル
答えが2種類ある問題。
終えた子から持ってこさせる。
チャレンジ。

・速さの問題
時速、分速、秒速について学習。

2時間目、体育。
校庭で走り幅跳びを行う。
男女にコースを分けて計測。
とにかく、跳ぶ、跳ぶ、跳ぶ。
序盤に、跳び方のポイントを伝えた。

ある子が4mという記録を出す。
測定は子どもに任せていたので、どこまで“正確”かは分からないが…

終了直前に、ある子の言動にストレス。
ここだ…
今の私が対応しきれていないところ。
さらっとかわすなり、ユーモア交えて返すなりすればいいのに…
「対決」に近い形をとってしまう。
気持ちに余裕が感じられない。

中休み。

3時間目、国語。
他の先生が授業を行うので、私は空き時間。
職員室で一息…。
人が少ないから、心地よい。

4時間目、社会。
・子どもの自作プリント
ある男子の一部が、問題にケチをつける。
ある子が作った問題に“不備”があるという…。
そんなに責めることではない。

私から話をする。
なぜか…この時は、気持ち穏やかに話ができた。

・フラッシュカード
ヨーロッパの国旗を中心に行う。

・国探し
フラッシュカードで提示した国を見つける。
意識的に“テンポ”を1つ下げる。
なるほど…
これが、今のクラスに合っているのかもしれない。
いや、私に合っている?
ゆったり、でも流れるように進んでいく。
決して居心地は悪くない。

・地名探し
その雰囲気のまま突入。
悪くない。
一体、この“差”は何か?
自分の気持ちが関与しているのは、明らかだが…
この感情の揺らぎは、何が原因なのだろう。

・教科書
下巻に突入。
写真を見て、発言。
「工業」について。

「洋服は工業製品と言えるか?」
ちょっとした話し合いになった。

百人一首
今日は私の「国語」の授業がない。
百人一首のリクエストが一部からあり。
残り5分ほど…
私のなかで「あまりわり」も考えたが…
百人一首を行う。

後になって思うが、これで正解だったと思う。
「楽しさ」に重きを置いていいのだ。

給食。
準備に関わる人が圧倒的に少ない。
多くは、リコーダー練習。
今いるメンバーで頑張って準備。

会食。

昼休み。
ある子が一人黙々とノートまとめをしている。
なぜ一人なのだろうか?
ちょっと気になりつつも、声はかけず。

昼休み終了後に、その子がノートを提出した。
あとでたっぷりコメントを書いておこう。

掃除。

5・6時間目は、家庭科。
展覧会に向けてラストスパート。

私は、他クラスでの英語の授業を行う。

A:Where do you want to go?
B:I want to go to ~.

新しいフレーズを学習。
ちょっとした変化を入れながら、繰り返し行う。

6時間目終了後、家庭科室から連絡あり。
まだまだ終わらない子がたくさんいるという。
下校指導を家庭科室で行う。

なかなか終わらず…

展覧会会場へ。
準備をする。
学年制作を天井に吊す。
苦戦…
何度かやり直す。

18時、つり上げ作業終了。
即退勤。

臨時例会へ。
19時頃に到着。

家で飲むビールとは全然おいしさが違う。
みなさんの話がスーッと入っていく。
弱さを見せてもいい。
そんな仲間の存在が嬉しい。
参加できてよかった。
気持ちが柔らかくなった。

その後、焼き肉屋へ。

帰宅したのは、24時前。
風呂に入る。
気付けば…1時過ぎ。
いつの間にか眠っていた。