教 師 道

日々の出来事を綴っていきます

2019年11月18日「まだまだ耐える時期」

昨夜は20時過ぎに就寝。
1時前に目が覚める。
トイレへ。
そのまま起きていようとも考えたが、布団へ。
そこから1時間以上眠れず…。

今、思えば、そのまま起きてしまった方がよかった。
再び眠りにつく。
5時半頃に起床。
目覚めは、あまりよくない。
1週間の始まりだと言うのに…

この土日は、家族と多くの時間を過ごした。
授業の構想も立てる。
ちょっとでも“余裕”を作りたい。
この“余裕”の有無が今の私にとっては大きい。

身仕度を整えて出勤。
職員室→教室へ。

先週の“意識”がまだ残っている…。
教室に来ても、頭が回らない。
再び職員室へ。
8時、子供たちが登校。
教室で迎えることができず…。
I can't…だ。
エネルギーが湧いてこない。
朝一番の“勝負”は、私の負け。

今朝は放送朝会。
外は雨、体育館は展覧会の会場となっている。

教室へ。
気を引き締める。
『おはようございます!』
よし、声は出た。
自席へ着く。

一体…何をこんなに気張っているのだろうか。
変な意識だけが先行している。

放送がかかる。
挨拶の時は、起立をする。
普段は、私から立つように指示しているが…
今日はせず。
しかし、ある子が「立ちます…よね?」という雰囲気を出し、全員起立。
「おはようございます!」
元気のいい挨拶。
月曜一発目のエネルギーにしては、十分だと思う。

1時間目は、時間割上では「国語」だが…
展覧会の学年制作を仕上げなければならない。

準備をする。
色々と“作業”が複雑。

なんだかんだで2時間目まで食い込んでしまった。
なんとか完成。

残り時間で何をするか。
いつもの授業モードに持っていきたいが…
今の私に、そのエネルギーがあるか?

学年制作の感想を言わせる。
正直言って、ここに“意図”は存在しない。
私にとっての“助走”のようなもの。
発言者も少ない。
私の気の“弱さ”がモロに出ている。

あまりのある100題のわり算。
準備が遅い。
いや、私の声が届いていない?
周りの子の行動を見て、気付けばいい…
そんな偏った理想像が頭をよぎる。
私の言葉にも棘がある…。

メタ的に見て、状態はあまりよろしくない。
それでも“普段通り”の自分を遂行しようとしているのが分かる。

百人一首
3試合行う。

漢字テスト返却。
個々に「間違い」の分析をさせる。
発言。

送り仮名を間違えている子が多い。
快い→快よい
率いる→率る

“漢字”自体は書けているが…
詰めが甘い。
ここに指導の甘さが出ている。

中休み。
教室である子の相談。

3時間目、総合。
専科のため、空き時間。
職員室で事務作業。

4時間目、いろいろ。
英語のフラッシュカード。
「Can you~?」でコミュニケーション。

「大造じいさんとガン」の一文解釈。
前回から、だいぶ間が空いている。
久しぶり。
発言→書く

以前配布したワークシートを無くした子が数名。
想定はしていたが…
うーん…
「無くしたら新しいのをもらえばいい」
軽く考えている子が多い。
色々と言いたいことはあるが、ここは堪える。

給食。
当番システムを見直さなくてはならない。

下校。
今日は午後の授業はカット。

展覧会の準備を行う。
・平面作品を展示
・立体作品の場作り

13時半から17時までノンストップで行う。
それでも終わらず。
続きは、明日の放課後に。

途中、あまりの空腹に倒れそうになった。
トイレへ行くついでに栄養補給(お菓子)をする。

学年会。
18時半に退勤。

朝から既にビールを飲みたい気分だったが…
今夜は控える。
というのも、ここ最近の増量具合が半端ではない。
久しぶりに体重計に乗ったら、9kg増えていた。
ラグビー熱”が、こんな形(増量)で現れるとは…
現役時代よりも重い。
自己最重量かもしれない。

今日をざっと振り返る。
先週末に比べれば、踏ん張っている自分がいる。
週明けというのもあるだろうが…
やはり「好調」とは言えない。

気持ちがやられている。
自分の“在り方”が常に問われているのだろう。
葛藤の連続。
弱気になったと思えば、急に強く出過ぎることがある。
不安定…。

“ちょっとしたこと”を流せない。
気持ちがいっぱいいっぱいなのかもしれない。
緊張と緩和…
今の自分に「緩和」なんて言葉は、どこにも見当たらない。

風呂に入る。
YouTubeを見て、リラックス。
金スマ
岡村と中居が5年間絶交していたという。
そんな中でも、共演。
私も、当時のテレビは見ていた。
まさか絶交状態だとは思ってもいなかった。
「プロとして…仕事をする」

今の私には「プロ意識」が欠けているのかもしれない。
色々と考える。