教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2018年3月24日「卒業式から一夜明け」

卒業式から一夜明け…
普段と変わらない時間に起床。
4時過ぎに起きる。
 
今、できることは、
この1年を振り返ること。
次の年度になれば、新しい子たちのことで頭がいっぱいになる。
きっとこの1年のことは思いだすことがなくなる。
こんなに苦しい1年だったのに…
 
率直な感想。
いい経験をした。
本当にそう思う。
あれだけ自分自身の殻に閉じこもり、壁を作り、箱に入り…
途中、何度も心が折れそうになり、
いや、実際何度か心が折れて…笑
 
そんな1年だったけど、
やっぱり予想通り、今、こう思う。
 
「いい経験ができた」
 
この1年で学んだことは多い。
これから先、長く教師人生を歩んでいく上で、
この1年は一つの節目になるんじゃないかなぁ。
 
そして、なんとも幸せなことに…
「リベンジ」ができる環境に身を置いてもらった。
そんな意味合いは、全くないんだろうけど、
自分にとっては、これ以上幸せなことはない。
 
来年度、同じ過ちは繰り返さない。
そして、今までで最高の教育をし、最高の学級を創り上げる。
「最高の学級」なんて、とても下手な言葉だけど、
これ、実は「自分」にとって大事な要素なんだ。
そういうこともわかってきた。
 
 
午前は、家族と近くの公園へ。
こんなにゆったりと過ごす休日も久しぶりだ。
気が張っていない。
 
午後は、サークルへ。
久しぶりだな。
先月はインフルエンザで行けなかった。
 
さぁ、ここから春の学びの時間のスタートだ。