教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年12月15日「久しぶりの寝坊」

最近、帰宅時刻が遅い。
この時期だから仕方ないかもしれないが…
成績&所見だけなら、ここまで遅くはならない。
やはり高学年(6年)の仕事量は多い。
この1週間、娘と顔を合わせていない。
いや、顔は合わせている。
娘の寝顔と。笑
完全に一方的だ。
息子は、たまに夜中に目覚める。
それで一瞬のコミュニケーションがとれる。
 
今朝も子どもたちが起床する前に家をでる…
つもりだったが、大幅に寝坊。
6時半に目覚める。
7時に家を出る。
おかげで、息子は起きた。
 
7時半前には出勤。
校庭にラインを引く。
冷たい。
その後、文集チェック。
今朝は7時50分にある子が登校してくる。
その時間に、文集の個別指導を…
しかし、欠席の連絡あり…
予定外の時間ができた。
 
【集会】
4年生の発表集会。
調べ学習をもとに発表。
約15分の時間。
その中で、一人当たり10秒にも満たないセリフ。
割に合わない。笑
人数が70人ほどいることもあるが…
うーん…
もっと一人一人に活躍の場を与えたい。
 
【体育】
外は寒すぎる。
だが、運動には夢中になっている。
だんだんとゲームに慣れてきた。
ノックオンはとらない。
ボールは落としてもいい。
今は、流動的な動きで楽しみを覚えて欲しい。
運動が苦手という子も活躍できる。
タグをとる。
それだけで、十分にチームに貢献できる。
トライも取れることもある。
「え、あの子が…」という子もトライをとる。
その子にとっては、かなりの充実感。
 
【算数】
前半は、比例・反比例を行う。
後半10分ほどは、マッチ棒クイズと10パズルを出す。
なかなかの難問だったようだ。
 
【社会】
いよいよ「歴史学習」を終える。
最後はやけにあっさりとしてしまった。
“こなす”授業になってしまう。
 
後半は社会科見学に向けて。
しおりを作成する。
各々で読み込む。
質問があれば、受け付ける。
 
テストを行う。
聞き取りテスト。
 
【国語】
今日からスピーチを行う。
まずは4人。
一人目。
ほうきの気持ちと題して、自分がほうきになりきって話す。
面白い。
話者がほうきに入ったのだ。
「僕は、ほこりを持って働いている」
“埃”と“誇り”をかけたのだろう。
爆笑。
なかなかのセンスの持ち主。
 
二人目。
原稿用紙のプレゼン。
「これは作文の魂!」
とても力強い主張。
言葉一つ一つに重みがある。
原稿用紙一枚で、これほどのイメージを広げられるのは素晴らしい。
 
三人目。
「筆記用具では、何が好きですか?」
問いかけた後、指名する。
周囲を巻き込んでいる。
面白い。
どんな答えでも「消しゴム」に行き着くという…
かなりのアドリブがきいている。
 
四人目。
シャーペンと鉛筆を比較して、シャーペンの良さを存分に語っている。
聞き手に同意を求めるなど、こちらも周囲を巻き込んでいる。
身振り手振りが、聞き手の目線を釘付けにする。
 
初回にしてはレベルが高い。
次回はどうなるだろうか。
楽しみである。
 
【給食】
文集チェックの時間。
絶賛絶食中。笑
腹は減るが、戦はできる。
午後、集中力が増す。
(そんな感じがする)
 
【習字】
「感謝」の文字を書く。
かなりの集中力。
物音一つしない。
終わった子から、文集に入る。
今日からいよいよ本書きに入る子が…
プレッシャーをかける。
 
【下校】
今日は二人が残る。
文集を進める。
目処が見えてきた。
来週中には、本書きに入れるだろう。
今学期中には、本書きは終えたいところである。
 
学年の仕事。
文集寄稿に向けての宛名書き。
住所が分からない方がいる。
いろいろと調べるが…
結局分からず。
そもそも、自分も会ったことのない方。
アルバム写真をチェックする。
おそらく…大丈夫だろう。
気づけば19時。
相方はこれから所見。
締め切りは今日だが…
来週の月曜日の朝に提出でもいいとのこと。
所見に集中できない状態。
やはり仕事が一気に重なり過ぎているのだ。
20時前には退勤する。
 
一週間が終わった。
この土日は、ゆっくりしたいが…
まだ成績が残っている。
それは週明けにやろう。
文集のチェックがある。
これは土日にやる。
報告書は…
全てを終えてから取り掛かろう。