教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年10月31日の成長日記

4時に起きる。
体はまだ眠りから覚める準備ができていないようだが…
起きざる得ない状況を昨日から作り出している。
今日の授業計画を立てねばならない。
昨夜が22時過ぎに帰宅して、23時半過ぎには就寝。
寝不足感は否めないが…
授業案が固まらないことの方が、恐怖だ。
 
今日の道徳の授業を練る。
イメージはある。
しかし、それを落とし込めていない。
資料を漁る…
あるものが目に入った。
予定とは違うが…
こちらにしてみよう。
「命」をテーマに扱う。
早速、パワポ作成。
大方、出来上がった。
 
国語や社会についての教材研究も行う。
気づけば、6時を過ぎていた。
朝の支度。
7時前に家を出る。
寝起きから喉が痛い。
風邪だろうか…。
 
学校に着く。
教室へ荷物を置く。
パワポを使うためにパソコンをいじるが…
電源コードがない。
相方の出勤を待って、聞いてみる。
予備を持っているとのこと。
よかった。
調整をする。
 
【読み聞かせ】
今日は、クラス合同で読み聞かせを行う。
隣のクラスへ移動。
ここで、道徳の資料を印刷し忘れていたことに気付く。
印刷室へ。
すぐに教室へ戻る。
 
読み聞かせは始まっていた。
といっても、本は“読んでいない”状態。
語り聞かせ?
ものすごい。
引き込まれる。
 
終わったあとに感想を述べる時間があった。
進行は相方に任せてある。
「感想がある人?」
誰も挙手せず。
すると、すぐに番号くじを引き始めた。
強制感想発表。
強制は悪くない。
が、しかし…
もっとできるだろう。
子どもたちの力をどう引き出すか…
いろいろと考える。
 
【1H 国語】
漢字学習。
その後、「ビブリオバトル」の説明動画を見る。
昨年度も行ったビブリオバトル
今年もやってみる。
特に準備するものはいらない。
紹介したい本さえあればいい。
今日は、そのオリエンテーリング
近々実施することを予告。
 
一文解釈。
「まほう使いのチョコレート・ケーキ」を読む。
まずは子どもたちの発言に任せてみる。
10分続いた。
ここで一度ストップをかける。
少し“脱線”しすぎている。
話を焦点化する発問。
「チョコレートケーキを作るなんてことは知りませんでした」
この一文に着目。
「なんて」を無くしても意味が通じる。
どう変わるかを発言。
強調された言葉がくっきりと浮かび出てくる。
 
その後も発言は続く。
時間があれば、いつまでも続く。
2時間目に差し掛かろうとしているので、ストップ。
今日のまとめを書く。
 
【2H 道徳】
写真を提示。
今日は「国境なき医師団」について学んでいく。
国境なき医師団」ということは、まだ伏せておく。
だんだんと明らかになるように、提示を工夫。
 
日本人として初めて国境なき医師団に参加した方、貫戸朋子さんに注目。
ある町での出来事を紹介する。
急患で来た5歳の男の子。
見た瞬間に「もう助からない」と分かったそう。
その子の口元には酸素ボンベが取り付けられている。
しかし、この酸素ボンベは、1本しかない。
この次、いつ酸素ボンベをもらえるかは分からない。
そういう状況下で、この酸素ボンベを切るかどうか…
貫戸さんは、苦渋の決断で「切る」ことを選択。
しかし、この判断は正しいかどうかは貫戸さん自身も結論が出ていない。
さて、自分だったらどうするか。
「命」を考える非常に重いテーマ。
しかし、じっくりと考え向き合うには耐えられる教材。
 
まずは思いを班の中で述べ合う。
その後、全体で話し合い。
多くが「切らない」という意見だが、「切る」という意見もある。
どちらが正しいかなんて分からない。
それこそ、その立場になっても分からないのだから…
けれども、この話し合いを通して、「命の重さ」にスポットが当てられる。
誰の視線から考えるかも、実は大きく関わる。
第三者なのか…
医者なのか…
それとも親なのか…
ずっと頭を抱えている子もいた。
それだけ真剣に本気で悩んでいた。
こういう機会があるのも、いい。
答えを見つけることだけが、授業じゃない。
 
【中休み】
新たに発足した「レク会社」が早速活動を始める。
ドッチボール。
全員、外に出るように声をかけている。
「先生も、来てください」とのこと。
一瞬、戸惑う自分もいたが…
断る理由は何もない。
保護者の方と少し話をしたあと、校庭へ向かう。
(今日が学校公開最終日)
審判をやるかと、内心期待をしていたが…
がっつりチームに入っている。
王様ドッチとのこと。
うーん…
体がデカイので、的になりやすい。
しかも、コートがさほど大きくないので、動きも限られる。
捕球できる自信もない…
まぁ、それはいい。
久しぶりに「子どもたち」の輪に入って遊ぶ。
男子は利き手で投げるのは禁止とのこと。
そんなことは関係なく、やはり当たる…
 
遊びながら、いろいろと考える。
いろいろと思考を巡らす。
もちろん、ドッチボールのことではない。
ここにいる自分について。
そして、子どもたちについて。
変な感情が押し寄せる。
何をやっているんだ…俺は。
本当に…何をやっているんだ…。
 
【3・4H 家庭科】
先に家庭科室へ。
先生と話す。
その後、子どもたちがやってくる。
保護者の方も2人ほどいる。
挨拶後、事務仕事&宿題チェック。
自学にコメントを残す。
一人一人の自学と向き合う。
個々でコメントの量はバラバラだが…
思いは込めている。
 
その中の3人の自学に、あることが書かれていた。
本当に…
自分が情けない。
けど、この現状も“事実”だ。
きちんと記録をしておこう。
 
【給食】
ジャンボ餃子が出る。
大人気メニュー。
 
【5H 社会】
教科書から、グラフから、イラストから…
気づいたことを発言。
最後は動画視聴。
 
【6H 体育】
バスケット。
2試合行う。
 
そのまま下校。
今日は午前中は、まあまあ調子が良かった気がする。
でも、午後になって落ちた。
なんだろう、この波は。