教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年10月24日の成長日記

5時半に目覚める。
火曜日とは思えない気分。
あまりよくない。
目覚めもよくない。
何かが引っかかっている。
心がスッとしない。
疲れがあるのは確かだ。
けど、この疲れは身体的なものではない。
精神的なものだ。
何かが重荷になっている。
 
学校に到着。
教室へ。
昨日は、出張だったために教室の掃除ができていない。
掃除をする。
 
校庭のライン引き。
気持ちが上がらない。
そのまま連合運動会の練習。
 
長縄。
なかなかうまくいかない。
回数が伸びない。
現実は厳しい。
それにしても…
子どもたちは一体“何と”闘っているのだろうか…。
それが気になった。
 
【1H 国語】
自分の気持ちは結局上がらず。
むしろ落ちている。
教科書を読ませる。
「紅鯉」を終わりにしよう。
 
漢字テスト。
新出漢字。
漢字ドリル。
 
【2H 算数】
練習問題。
ひたすら練習問題。
解いた問題は板書。
それを説明。
最後に楽しい問題。
これがなければ、苦痛の時間だったろう。
 
【3H 家庭科】
いろいろと思うことあり。
 
【4H 縦割班集会】
ゲームをする。
 
【5H 社会】
テスト。
 
【6H 体育】
長縄。
なかなか記録が伸びず。
 
【放課後】
学年の仕事を行う。
 
今日は、気分がグンと下がっていた。
上がるチャンスは何度かあったが…
それに乗る気力が自分になかった。
みすみすとチャンスを逃した。
気持ちの問題。
 
何も成長のない1日。
自分にとっても、子どもにとっても…
消化試合のようなものになっている。
酷い有様だ。