教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年10月1日の成長日記

昨日は運動会だった。
2学期が始まり…
その大半をここに費やしてきた…
気づけば10月。
あっという間だった。
 
今朝は4時に起きる。
4時半過ぎから、勉強会。
ハングアウトで行う。
 
まずは自分の番。
運動会直後ということで…
それがテーマとなった。
運動会を通して変化してきた自分の在り方…
そして行事の在り方…
考えさせられることがたくさんある。
 
職場の“ある話”も話題となった。
新たな視点をもらう。
そうか…
そういう見方があるのか…
相手が望んでいる反応を示しているのかもしれない。
これは教育と同じだな…
知らず知らずに「行動を強化」しているのだろう。
 
学校界のあるあるについて。
先生たちは“麻痺”している。
どうやって改革していくべきか…
自分にできることは何なのか…
現状を打破するには、現場の力だけでは厳しいかもしれない。
 
二人目の話。
「休む」ことについて。
これは自分も最近よく思う。
倒れる前に…
休むべきだ。
倒れてからでは遅い。
もっと積極的に休暇を取るべきだろう。
疲れる前に休む。
だから、ハイパフォーマンスが維持できるのではないか。
それが子どものためでもあり、自分のためでもある。
 
三人目の話。
当たり前の認識の違い…
やはり、視野は広くもつべきだ。
同じ世界(殻)にずっと閉じこもっていると…
悪しき習慣が「当たり前」となってしまう。
先の「休暇」についてもそうだ。
休暇をとる権利を行使できない環境。
これはおかしい。
 
評価についての話にもなった。
応用行動分析。
いろんな視点で見ていく。
縦軸でも見ていく。
評価は必要。
しかし…
他者からの評価が時には“縛り”ともなる。
そういうことを客観的に見る力も必要だ。
大人になってからでもいい。
自分を見つめる機会があるといい。
このテーマは次回への持ち越し。
もっと深堀って考えられそう。
 
今日は7時半に終了。
約3時間。
対話から深まる。
アクティブな会だった。
 
髪が伸びてきた…
いつものところでカットしようと予約サイトへ行ったら…
なぜか閉鎖している。
そんなはずは…
ネットの不具合だろうか…
今のところに越してきて、ずっとお世話になっているところ。
やっといいところを見つけたのに…
もう一度、確認してみよう。
 
家族と出かける。
こういう時間は…
久しぶりではないだろうか。
「休日」とは、こういうものだろう。
 
久しぶりに読書もする。
「エッセンシャル思考」を読む。
今の自分に、必要な考え方だ。
思考する時間は、自ら求めないと得られない。
どんなに暇でも…
傍には「スマホ」が存在する。
本当に「何もない」状況は…
今の時代、自ら作り出さないと生まれない。
 
帰宅。
先日、Amazonで注文していた本が届いていた。
『大人のための「いのちの授業」(小児がんで娘を亡くした私が伝えたいこと)』
本の紹介を読んで、即購入した。
内容は詳しくはわからないが…
何か、今の自分が求めているものがある気がした。
家族の大切さ…
仕事とのバランス…
じっくりと読んでみたい。