教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年9月25日の成長日記

5時に起きる。
なかなか体が動かない…
典型的な“月曜疲れ”だ。
 
朝、ゆったりと準備をする。
こういう日は、何もする気が起きない。
ここまでは久しぶりだ。
 
学校には、6時半過ぎに到着。
教室へ…
しばらく、ぼーっとしてしまう。
これもある意味、想定内。
今日は、気持ちの切り替えが難しいかもしれない。
 
応援団の時間が迫ってくる。
一度、職員室へ。
校庭のライン引き。
いつもならば、このあたりからスイッチは入っているのだが…
今日はまだ「オフ」状態。
厳しい。
疲れが蓄積しているのか…
原因はわかっている。
それに向き合っていないだけ…
 
【応援団】
体育館へ。
紅白に分かれている。
午前の通しをさせる。
が、太鼓がない。
少しグタグタ…
 
リズム太鼓で対応。
入場から行う。
まだ頭に入っていないところがある。
質も低い。
一点だけ、伝える。
一点突破全面展開…
そこまで波及できるかどうか…
 
【全校朝会】
体育館で行う。
今日は、子どもたちの“後ろ”に立つ。
また違った景色。
校長講話。
いろいろと考える。
 
【1H 国語】
時間割では、国語なのだが…
それどころではない。
運動会表現の「隊形」を確定する。
今日の練習は3時間目。
この時間しかない。
趣意説明。
これが「肝」になる。
自分の想定通りにいけば…
大丈夫なはず。
隊形をすべて、子どもたちに丸投げする。
結果…
95%がこちらの想定通りになった。
一人だけ、位置が前後したが、これはこれでいい。
メンタリストになれるかもしれない。
 
校庭へ。
隣のクラスと合わせる。
時間がかかる。
声をかける。
月曜日、週明けだ。
ここはこちらで指示していこう。
 
【2H 算数】
今日、唯一の“授業”だが…
少人数クラスなので、自分のクラスの授業ではない。
今日は、公式を導き出していく。
気づいたことを発言させていきたいが…
「指名なし」は、使えない。
自分のクラスであればいける。
そういう枠を取っ払って、巻き込んでしまうのもいいかもしれないな。
 
10分ほど時間が余ったので、10パズルを行う。
これは夢中になる。
意外な子が、どんどんと解く。
なるほど…
これは、毎日行おう。
 
【中休み】
バスケットクラブの写真撮影。
思いの外、時間がかかる。
うーん…
自分がカメラマンの方が、テキパキできる気がする…
やはり「プロ」というのは存在する。
プロのカメラマンであってほしい…
 
【3H 運動会練習】
今日は、隊形移動がメイン。
本番と同様に、隊形を確定する。
しかし、実際に子どもたちが立ってみないとわからないところもある。
そこにあまり時間を費やしたくはない。
 
自分も今朝は“月曜疲れ”があった。
子どもたちにも、いるだろう。
そこを引き上げるのか、それとも…
今日は、自然と流した。
あまり追い込まない。
けれども、ダレていい訳ではない。
今日の目的ははっきりしている。
その到達にいけば合格だ。
それ以上は、求めない。
自分の気持ちにも、今日は余裕がない。
 
なんとか固まった。
通して踊る。
これで、本番の8割は完成。
あとは、入退場と質の向上。
少し、気がラクになる。
 
【4H 社会】
社会の予定なのだが…
これまた変更。
運動会表現の道具作り。
まだ作成途中。
終わっている子もいるので、個別に課題を出す。
授業はできない。
すべて運動会関係にもっていかれる。
厳しい。
 
【給食】
コロッケが出た。
給食にコロッケ。
珍しい…
 
【出張】
出張へ行く。
自転車で30分。
かなり遠い。
この時間があれば、帰宅できる。
しかも、家とは正反対。
 
授業開始ギリギリに到着。
授業を見る…
うーん。
クラスの子どもたちを残して、運動会の指導も任せて、ライン引きもせずに…
そういう状況でやってきたのだが…
うーん…
 
これは「ダラダラ学習するということを学ぶ」授業だろうか。
終了も、チャイムが鳴ってから5分延長している。
いくらでも、時間を短縮できる場はあったはずだ。
時間の感覚が違うのだろう。
 
授業後、協議会場である人と会う。
まさか、ここで会うとは。
大学の同期。
前任校では同じ地区で、同じ時期に異動した仲間。
月に1回程度は顔を合わせていたが…
 
帰りは、途中まで一緒に。
いろいろ話す。
 
その後、自分は用があって、電車に乗る。
あるところへ。
時間があったので、ラーメンを食べる。
普段は「家系」だが、今日は味噌ラーメン。
ここのラーメンは好きだ。
 
まだ時間がある。
カフェへ。
今日の振り返りをする。
 
やはり…
自分のこの気持ちの原因は、運動会だ。
表現指導。
ここに大きなストレスがある。
毎年、表現指導はしてきたが…
ここまでは初めて。
今はキツイが…
ここを抜けたら、より“大きく”なると信じている。
痛みなくして、成長はない。