教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年9月24日 今週の振り返り

今週は4日だった。
それなのに…
疲労感がものすごい。
毎日が、全力だった。
放課後になると、エネルギー切れ。
帰宅したら、寝る以外に何もできない。
身体的な疲れがメイン…
そう思っていたが、違う。
リズムが崩れていた。
毎日のように運動会練習…
それに加えて、運動会関係や連合陸上関係の時間が取られる。
自分の授業ができない。
“授業で子どもを育てる”のはもちろん。
加えて、“授業で自身を高める”こと…
授業があることで、子どもも自分も安定する。
いかに授業が大切か…
それを身にしみて感じた。
 
ここまでして、行事に費やす必要はあるのだろうか。
そんなことを思ってしまう。
これがプラスに働くのならば、いい。
が、現実はどうだろうか…
教育上、いいのか悪いのか…
もちろん、いい面もたくさんある。
それは分かっている。
ただ…
そこだけを見ていると…
厳しい。
 
運動会練習。
毎日、気が張る。
これまでの表現指導とは、全然違う。
既にほとんどが出来上がっている状態。
そこに、表現“新米”の教師が指導に入る。
こんなにやりにくいことはない。
「先生についていく!」という師弟関係は、築かれない。
それならば…
思い切って方針を変えていく。
それでも…
課題はある。
毎日のように、構想を練る。
課題を見出しては、再び練る…
「寝る」時間を惜しんで、「練る」のだ。
この生活がきつかった。
あと一週間。
 
応援団指導。
全て自分でやってしまう方が、楽だ。
「任せる」というのは、一見楽に思えて、難しい。
けれども、ここまできたら、やってもらおう。
 
本来ならば、土日は“休養”に充てるべきだったが…
この週末は、予定がびっしり。
けれども、「外の世界」に出ることが、今の自分には必要。
アクティブレストだと思えばいい。