教 師 修 行 道

日々の実践記録や出来事を綴っていきます

2017年9月17日の成長日記

5時半に目覚める。
昨夜は腹痛と格闘…
寝ている間は平気だったが…
今朝も再び腹痛に襲われる。
 
応援団資料の作成。
台本を作る。
午前中の部を担当することになった。
一度、作っていたものをよりシンプルに見やすくする。
団長、そして副団長の活躍の場を設定する。
例年とは、少しテイストを変える。
 
表現の踊り分析。
子どもたちの手元でいつでも見られるように配布用を作成する。
言葉を厳選する。
 
「膝を高く」
これでは人によって“高さ”が変わる。
「膝を胸まで上げる」
こうすれば、“胸まで”という明確な基準ができる。
 
「力強く腕を振る」
これでは、イメージは人それぞれ。
「隣の人に腕をぶつけるくらい」
この言葉を入れることで、イメージが強化される。
 
「右足でジャンプする」
これでも、分かる。
しかし、言葉にインパクトがない。
印象に残らない。
「1mmでもいいから、地面から離れる」
こうしたらどうだろう。
切実感が伝わってくる。
数値を入れることで、イメージが定着する。
 
このように一つ一つの動きの言葉を厳選していく。
 
9時になる。
一度休憩。
Amazonビデオでドラえもんを観る。
新しい映画が追加されていた。
 
雨が降っているが…
ずっと家にいても、ストレスが溜まるだけ。
特に子供たちが厳しい。
外へ出る。
最寄駅までバスへ行く。
昼食。
帰りは、徒歩で。
途中、図書館へ寄る。
小さい図書館だが…
だからこそ、選びやすい。
買うときは、自分の“テーマ”に沿った本を買う。
しかし借りるとなると、普段の自分の“テーマ”よりも範囲は広くなる。
2冊借りる。
「学力」についての本。
「勉強法」についての本。
いずれも有名な著者だ。
 
明日のための資料を作成する。
朝5時からの学び場。
これまでを振り返る絶好の機会となる。