Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2017年9月1日の成長日記

いよいよ始業式。

気持ちが高ぶる。

この日のための準備は万全…

と言いたいところだが…

 

昨晩、妻と息子と娘が同時に体調を崩した。

息子は真夜中まで30分おきに目覚めて、嘔吐…

もう自分の仕事どころではない。

朝方には、みなぐっすりと眠れていたので、一安心だが…

 

やはり、家族が一番。

家族が安定していることで、仕事にも専念できる。

自分の安心領域は「家庭」なんだと再認識した。

 

そんなわけで、ほぼ眠れずに出勤。

逆に気持ちは高ぶっているが…

焦りもある。

7時前には到着したので、子どもたちが登校してくるまでに構想を練る。

今日は、引き取り(避難)訓練もある。

晴天か雨天かで、方法も変わってくる。

昨日までは「雨天」だと想定して準備をしていたが…

これは「晴天」バージョンになりそうだ。

 

【登校】

子どもたちが登校してくる。

教室へ入室。

男子が一番にきた。

「おはようございます」

挨拶とともに、その子の名前を呼ぶ。

目が合う。

よし、大丈夫だ。

その後、次々と入室してくる。

一人一人に挨拶をする。

挨拶は返ってくる。

今日は、それだけでも十分。

子どもたちの気持ちが、学校に向いていることが確認できた。

よくぞ登校してきた。

そういう気持ちで迎え入れよう。

 

【始業式】

体育館で行われる。

いつものように、自分たちで整列をして、座る。

若干…列に乱れはあるが…

“気持ち”は前を向いている。

今は斬り込まない。

 

転入生が1人、我がクラスにもきた。

男子の列の間に入れる。

 

今日は1人、熱で欠席した子がいる。

初日に会えなかったことは非常に残念だ。

 

【学級活動】

席替え。

まずはここから。

毎度おなじみ、トランプで決める。

 

その後、呼名をした。

そこでの返事が一つのポイントになる。

声がどれだけ出るか…

そしてもう一つ。

転入生に向けて、一つアピールするように伝えた。

印象に残る自己紹介。

言葉で伝えてもよし、表情や動きで伝えてもよし。

とにかく、転入生に「こんな人間だ!」と印象付ける。

 

これは面白かった。

その子の個性が存分に出た。

 

「年中、スポーツしています」

年中、という言葉がいい。

 

「好きなものは…ありません」

そう言った後に、好きなものを5〜6個述べていた。

この矛盾感。笑

 

「うどんのことなら何でも聞いてください」

うどんにそんなに詳しいとは知らなかった…。

 

いろんなアピールがある。

楽しい雰囲気で終えた。

 

【テスト】

算数のレディネステストと、漢字の50問テストを行う。

学習モードへ切り替える。

夏休み明けからのモードチェンジ。

しかし、“授業”というスタイルの方がもっといい。

その前段階の「リハビリ」だろうか。

 

【その他】

3時間目は、コミュニケーションゲームをしようと計画していた…

が、手紙の配布や連絡事項でほとんどの時間を使ってしまった。

初日、手紙が多すぎる…

 

手紙を配布する際にも、「思いやり」を伝える。

「どうぞ」と「ありがとう」だ。

1学期から実施してきたこと。

自然と言葉は出てくる。

 

指導は継続することが一番。

習慣化できることが一番。

 

避難訓練

引き取り訓練。

昨日は雨予報だったのに…

思いっきりの晴天。笑

しかも結構暑い…

外での時間はなるべく短くしたい。

伝える事は、手短にする。

むしろ、何も話さなくてもよい。

無駄なことは話さない。

 

スムーズに引き取りは終えた。

 

【研修】

午後は、校内研修。

特別支援について。

2時間たっぷりと行う。

 

研修後、学年で諸々の打ち合わせ。

その後、明日の講座に向けての準備・練習。

職場の若手一人に少し話を聞いてもらった。

新たな視点を得る。

やはり、「客観的」な視点は大きい。

自分では気づかないことがある。

 

 

新学期初日。

子どもたちは、元気であった。

だが、まだ流れに乗れていない。

来週からは、怒涛の日々。

先手必勝。

後手に回らないようにしていく。