読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を綴っていきます。

2017年2月20日の成長日記

気持ちが乗ってこない。

朝は4時前に起きるものの…

何もする気が起きない。

 

職場にも6時半には着いたが…

何もする気が起きない。

スイッチが入らない。

疲れているのだろうか。

月曜疲れ…

自分のコンディションは、学級、子どもたちに波及する。

今の自分としては、決していいことではない。

切り替えなければ…

 

【登校】

1番手は…

いつもの男子。

ドアをそーっと開けてきた。

なかなかの強者。笑

声はなかなかのエネルギー。

こちらも元気が出てくる。

次々に入室してくるが…

一番手の彼に勝るものはなかなかいなかった。

 

【読み聞かせ】

保護者による読み聞かせ。

とても真剣に話に聞き入っていた。

読み聞かせの回数も、残りすくない…

貴重な時間。

 

【班学】

班ごとに行う。

·         あいさつ

·         音読

·         返事

そのあとは、各々の班で班学。

リズム漢字、計算プリント、教科書音読、群読、漢字高速読み…

それぞれが取り組む。

途中でやめさせる。

隙間時間を作っている。

指導を入れる。

もう一度、班学を行う。

先ほどよりよくなった。

 

ひと班学で音読。

スピードも出てきた。

黒板に班ごとに評定を書いていく。

 

【一文解釈】

初めて取り組む。

国語「おにたのぼうし」の題名だけを読む。

それについて指名なしで発言。

「おにが出てくる話だと思います」

口火を切ったのは、代表委員の男子。

ここから次々と発言していく。

初めてにしては、よくできているのではないだろうか。

指名なし発言は、慣れたもの。

子どもの思考がより深まっていく。

 

【あまりのあるわり算】

10問ずつ行う。

書くのは商だけ…

近い九九を見つける…

商が被除数より大きくなってもいいので、まずは近い数を瞬時に出てくるようにしないといけない。

トップは、瞬間で出てくるようになってきた。

中間層は…まだまだ時間がかかる。

もう一歩…というレベルでもない。

とにかく同じ問題を続けていく。

それ以外にも手立ては必要だろう。

 

【算数】

を使った式。

今日が最後。

3人1組の班を作る。

3人の中で1、2、3と順番を決める。

その順に、問題の答えを板書していく。

問題の答えを書きにくる前に、必ず班の中で答えを統一させてくる。

もし違っていた場合は、話し合い。

そのようにして、力試しの問題を解いていく。

 

初めての試みではあるが…

「自分たちの力で問題を解ききった」という思いが強かったようだ。

最後の問題は、全班全員が苦戦した。

何度も挑戦してきた。

最後は全班がクリア。

図を書いたことで、一気に突破できた。

図は、大切だ。

思考のツール。

 

【国語】

おにたのぼうしを範読。

初発の感想を書く。

その後、全員発言。

「発表の仕方」について指導していく。

だんだんと良くなる。

発言中、机や椅子には触らない。

発言を終えるまでは、椅子に手をかけない。

言い切ってから、椅子をひく。

だんだんと堂々とした発言になってくる。

 

【総合】

2年生に発表するための準備や練習。

10分ほど経ったあと、やりたい班に発表させる。

まだまだ未完成だが…

この段階から指導を入れていく。

 

発表技術に気付かせる。

発表技術を教える。

どのように導入するか。

「これから〜の発表を始めます。気をつけ、礼」

こういうのもいい。

オーソドックスではある。

が、無駄な時間。

発表時間は限られている。

挨拶だけで30秒も時間を使ってはもったいない。

すぐに始める。

 

「算数では、そろばんをします」

こういう提示の仕方も普通。

普通だが、何にも惹かれない。

まずは「そろばん」だけを見せる。

しかも教師用のでかいものだ。

それだけで食いつく。

例えば、クイズ形式にする。

導入での提示を変える。

相手は2年生、飽きさせてはいけない。

これは、授業技術と同じこと。

もしかしたら…

3年生相手にレベルの高いことを教えているのかもしれない。

「今日の算数は、〜を始めます。前回は〜をしましたね」

教師でさえ、こういう始め方をする。

別にこれがいけないと言っているのではない。

しかし、これでは、何も惹きつけられない。

授業でも発表でも、導入が大切。

まずは、ここに全力をかける。

それを教えていく。

だんだんとレベルが上がってきた。

1つの班を全体の場で指導するというのは、つまりは全ての班に指導しているのと一緒だ。

 

【なんこれ2】

時間が4分ほどあったので、なんこれ2を行う。

2分20秒で行う。

2分台はなし。

1分台は19人。

1分切りは9人。

次点は、残り2問というところ。

ここでチャイムが鳴る。

 

【給食】

今日から、教室での給食。

先週のランチルームでの給食では、だいぶ子どもたちは力をつけた。

今週は、その力をきちんと発揮する。

準備は…

非常に良い。

スピードはまあまあだが、何よりも静かだ。

集中している。

 

会食はいつもと同様に15分間。

先週末に注意された子が…全く箸を進めずにしゃべり続けている。

15分経ったにもかかわらず、半分も食べていない。

ごちそうさま。

終わった子から昼学。

読書が多い。

が、何もしていない子が結構いる。

喋っている子もいる。

空気が抜けている。

何も考えていない。

こういうところで差は開く。

声をかける。

 

【自問清掃】

先週、ビシッと指導してしまった。

今週は…

出だしが早い。

1人…2人…と昼休みが終わった瞬間から掃除に取り組む。

今日、2つのことを個人的にアドバイスした。

1つは、教室のゴミがたまるポイント。

もう1つは、ゴミが動く瞬間。

本来ならば、そういったことも自問清掃の中で気づいていくべきなのだろう。

が、残された時間を考えると、理想だけを語ってはいられない。

必要最低限のことは伝えていく。

掃除の「仕上げ」についても話した。

ここで大きく差がつく。

 

【理科】

テストを行う。

終わった子から、持ってきて採点。

時間内に全員終える。

 

【なんこれ2】

最後の余った時間で行う。

本日2回目。

2分台は2人。

1分台は17人。

1分切りは12人。

3人合格者が増えた。

 

【下校】

さようなら。

このあと、クラブ活動。

バスケット。

なんだか軽い頭痛がする。

疲れだろうか…

朝から落ちていた気持ちは、子どもたちによって引き上げられたが…

やはり体調が快調ではないようだ。