読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を綴っていきます。

2017年2月16日の成長日記

昨日、久しぶりに飲んだ。

職場を出たのは、20:30過ぎ。

いろいろとあったが…

ひとまず落ち着いた。

いろいろあっても…

私がやることは変わらない。

子どもを伸ばしていくこと。

これがあるから、何があってもブレないのだと思う。

 

今朝は5時半過ぎに起きる。

まだ…眠い。

体にお酒が残っている感じがする。

今日はスローペースでいこう。

でも、授業観察はある。

1・2時間目は専科の授業、3時間目は英語の授業。

つまり、ほとんど何もできない。

どこでモードを切り替えていこうか。

ぶっつけ本番になるだろう。

 

職場には7:20に着く。

のんびりと準備をする。

今日は…

お腹の調子がよくない。

 

教室へ行く。

まだ気持ちが上がってこない。

音楽を聴こう。

だんだんと気分上昇。

8:10、子どもが入室してくる。

 

【登校〜朝の時間】

最初に来たのは、男子。

続けて2人目も男子。

この2人の挨拶は、最高にいい。

エネルギーが全開になっている。

スイッチが切り替わっている。

3人目は女子。

先の男子に比べたら…

エネルギーは弱い。

が、挨拶はきちんとしている。

ほとんどが入室とともに挨拶をするが、中にはスルーしている子がいる。

席に着いてから挨拶をする子も…

このあたりは、指導をしていない。

 

今日は、マラソンタイム。

校庭へ出て、走る走る走る。

準備運動のとき、男子がよく声を出していた。

男はつらいよ」と叫んでいる子もいた。笑

私もゆっくりと走る。

子どもたちを観察しながら。

走る前に「自分のペースで走ろう」と伝えた。

私の意図をどこまで読んだだろうか。

友達と仲良く走っている子がいる。

いつも一緒の3人組。

「それ、誰のペース?」と声をかける。

それ以上は言わない。

 

【図工】

準備をしてから図工室へ向かう。

座席でなにやら揉めている。

クラスの実態を伝えて、変えてもらう。

 

空き時間となったので、印刷やノートの点検をする。

遅刻していた子が登校した。

図工室へ一緒に行く。

 

その後、今日の授業観察のイメージをする。

特に…

変わったことをするわけではない。

いつも通りやればいい。

 

【英語】

ALTが来る。

最初は、なんだか微妙(?)な緊張感があった。

だんだんと溶けていく。

声が出てくる。

ゲームが始まった。

クラスを2分割して、チーム対抗戦。

1回戦はいい勝負。

最後に、逆転が起こる。

2回戦。

片方のチームが圧勝。

それを受けいれることが難しい子もいるようだ。

ゲームに本気なのは分かるが…

負けを認めることも大切。

チームならなおさら。

熱くなるのはいいが…

周りが見えなくなる子がいる。

暴言が出てくる。

相手のことを考えていない。

指導する。

 

【授業観察】

チャイム前に、管理職2人が教室へ。

チャイムと同時に、班ごとに音読を始める。

ものすごいエネルギー。

ある程度のところでやめて、ひと班ごとに音読。

起立が遅い…反応が悪い…どんどん飛ばす。

構えができていないところも飛ばす。

 

計算に入る。

まずは10マス計算。

10の分解。

50問を45秒制限で行う。

1回目。

40秒台が2人。

30秒台が10人。

20秒台が13人。

10秒台が7人。

32人合格。

 

2回目。

40秒台が2人。

30秒台が6人。

20秒台が18人。

10秒台が5人。

31人合格。

減っている…?

いや、そんなはずはない。

合格者は確かに増えていた。

数え間違えだろう。

 

なんこれを行う。

2分20秒制限。

2分台が2人。

どちらも2分10秒を切っている。

1分台が25人。

1分切りが9人だった。

36人合格。

 

最後に30問わり算を行う。

あと3問で合格の子を除いて、全員45秒以内に合格。

壁はもう突破寸前だ。

 

漢字高速読み。

2分間で行う。

その後、何ページまでいったかを発表させる。

計算タイムの発表では声が出ているが…

ここでは声が出なくなる子がいる。

慣れの問題もあるのだろう。

場面が変われば、途端にできなくなる。

だからこそ、日々、鍛えていかなければ…

 

リズム漢字。

準備のできた子から読ませる。

いつまで経っても、机上に出ない子がいる。

今日は朝から準備をしていたはずだが…

聞いていないのだ。

「我関せず」状態。

遅れをとる。

全てにおいてこういう状態が続く。

リズム漢字、一斉に読む。

スピードが早すぎる。

途中で止めて、音読の仕方を変えた。

全員が言えるように。

 

ここまでで20分強。

ここから、新たな詩の暗唱に取り組む。

「鹿柴」という漢詩を読む。

まずは追い読み。

音読の基本は、この追い読みである。

3回繰り返す。

その後、交代読み。

教師と子ども、男子と女子、赤組と白組、隣の子…

いろいろなパターンで読む。

一斉に読む。

「3回読んだ子から、座ります。起立」

刺激を変えながら課題を与えていく。

「題名まで覚えたら、立ちなさい」

この調子でどんどん暗唱させていく。

ここまで空白の時間は、ほぼ無し。

最後に1分間練習をさせて、暗唱テスト。

「暗唱テスト…受ける人?」

半数が挙手。

すぐに締め切る。

一人一人暗唱させていく。

ちょっとでもつっかえたり間が空いたりしたらアウト。

どんどん脱落していく。

結局…2人だけが合格した。

その2人を「試験官」に任命する。

また、今日は特別。

校長と副校長にも試験官になってもらう。

子供達も張り切る。

最終的には、9人が合格した。

明日の朝の音読からは、「鹿柴」が追加される。

そこで暗唱をできるようにしていく。

 

「全員起立。このあと、何をするか分かる人?」

ランチルームで給食である。

「どうすればいいですか?」

静かに準備をする。

「できる子から行きなさい」

一気に移動。

誰一人、声を出すものはいなかった。

ここで授業観察終了。

 

【給食】

テキパキと行う。

最近の会食時間は15分間だ。

片付けが早くなった。

ランチルームで鍛えられた。笑

来週から、昼学の時間が十分に確保できそうである。

 

【自問清掃】

実は、今日は予告無しの避難訓練がある。

掃除中の避難訓練

火災を想定。

結構、難しい。

担任が全員を引き連れていくことはできない。

個々の判断が問われる。

 

全体的に、とても静かに避難できた。

急遽、全体での司会をやることに…

一応…私は担当なのだ。

これまで、もう一人の担当の方に任せてきてしまっていた。

何気に、避難訓練の初司会。笑

急だったので、若干緊張した。

終わりの指示が甘かった。

検討の余地、十分にある。

反省だ。

 

避難訓練後、10分間自問清掃を続ける。

 

【国語】

漢字テスト。

始める前に、少し突っ込む。

単にテストをするだけになっていないか。

惰性になっている子が少なからず、いる。

そこを突く。

 

その後、カルタ作りをする。

やることはわかっているので、個々で作業。

「丁寧さ」について、何人かに突っ込む。

やり直してくる。

まだ甘い。

さらに突っ込む。

やり直してくる。

よし、いい!

力強く、褒める。

もちろん、このやりとりはクラス全員が聞いている。

その子に指導したが、暗にクラス全体にも指導しているのだ。

 

【下校】

今日は、この後、週末のコンサートの会場準備となった。

その後、学年会。

6年生を送る会について。

構想は固まった。

台本を作ろう!