Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2017年2月14日の成長日記

昨夜は帰宅が22時を過ぎる。

やはり、そうなるとリズムが崩れる。

まぁ、想定内ではあるが…

今朝は5時に起きる。

そこからブログ更新。

家を出る。

6:50に到着。

7:00頃から、いつまでも逃げていた自己申告書を作成する。笑

30分ほどで仕上がった。

ひとまず寝かせよう。

明後日が授業観察なのだが…

また、決まっていない。笑

 

教室に行き、教材研究。

今日の算数をどう料理するか。

いかに抵抗感を少なくするか。

手立ては「何」でいこうと思っていたが…

問題文には「何」があまり出てこない。

ちなみに、「何」というのは「何」という字の中にが隠れている。

だから、「何」というものをにすればいい、ということ。

うーん。

問題文を変えてもいいが…

それで最終的にできるようになるだろうか。

 

もう一つ、手立てを考えてみた。

「最後に分かるものは?」

結局、を使った式で難しいのは、問題文からの立式であると思う。

問題文にそって式に表すということが難しいのだ。

 

380円の本を書ったら、おつりは120円になりました。

はじめにいくら持っていたのでしょうか。

 

こういう問題文。

おそらく、これまでの経験なら「380−120」という式が立つ。

しかし、この単元では、「−380=120」という式を立てなければならない。

を使った式。

さぁ、どう料理するか。

「最後に分かるものは?」

ここから攻めていこうと思う。

 

構内研究の反省項目に目を通す。

こちらも締め切りが今週半ば。

いろいろと後手に回っている…。

 

【登校〜朝の時間】

男子3人が一番乗り。

非常によい声で挨拶。

エネルギーを感じる。

入室について指導したことはないが…

この3人は、「だいたい」できている。

指導すれば、もっとできるはず。

 

8:25まで朝学。

ほとんどの子が取り組んでいるが…

いつも率先する班が今日は何もしていない。

バレンタインの話題でもちきり。

そんなものなのか…?

 

朝は、学級で遊ぶ時間。

代表委員が発案したゲーム。

じゃんけん大会。

シンプルであるが、盛り上がる。

まずは代表委員が前に出て、全員とじゃんけん。

最後まで代表委員に勝った子が、次に前に出る。

シンプル イズ ベスト!

 

【班学】

「準備のできた班から朝の会」

それが終わったら、6班が自然と班学に入った。

5分ほど班学にする。

リズム漢字、計算、などをする。

 

ひと班学。

音読をする。

今日は昨日とは違う3人を先進隊とする。

3人を前に出し…対面音読。

今日は10個の詩を連続音読。

とんでもないほどのエネルギー。

体力も使う。笑

 

なんのこれしき。

2分20秒制限。

2分台が4人。

1分台が29人。

字の丁寧さを制限させたことで、トップのタイムが落ちている。

続いてなんのこれしき2。

2分20秒制限。

2分台が1人。

1分台が26人。

1分切りが3人となった。

 

次は10マス計算。

10−の計算。

45秒制限。

今日も4回連続で行う。

1回目。

40秒台が4人。

30秒台が12人。

20秒台が11人。

10秒台が1人。

28人が合格。

 

2回目。

40秒台が2人。

30秒台が11人。

20秒台が14人。

10秒台が1人。

同じく28人合格。

 

3回目。

40秒台が3人。

30秒台が13人。

20秒台が12人。

10秒台が1人。

合格者は29人になった。

あと5問でクリアするという子がいる。

「次は絶対にクリアする!」と励ます。

鉛筆スピードを上げること、答えを書いている間に次の問題を見ること。

鉛筆を止めないことを伝えた。

 

4回目。

40秒台が4人。

30秒台が4人。

20秒台が20人。

10秒台が2人。

合格は30人。

先ほどの子は、合格した。

 

漢字テストを行う。

終わった子から、自学。

 

【音楽】

今週末のコンサートに向けて、練習にも熱が入る。

担任も子どもたちの様子を見守る。

音楽専科の先生は、厳しい。

しかし、子どもたちは食らいついている。

だんだんと高まっていくのが分かる。

 

リコーダー部隊が、残って練習。

先に教室に戻る。

 

【算数】

を使った式。

まずは、昨日の復習問題。

ここはすんなりと。

次に、子どもたちを登場人物にして、問題文を口頭で言う。

問題にそって、立式することの感覚をつかませる。

「最後に分かるのはなんですか」

合わせたもの、おつり、残ったもの、などがくる。

順調に進んでいたのだが…

途中で展開をミスしてしまった。

いきなりステップアップしてしまった。

すでに問題を提示している。

引き戻すこともできるが、混乱が生じる。

仕方ない、このままいこう。

思っていたよりも…

立式がスラスラとできる。

この調子で進める。

人数が少ないから対応ができる。

いろいろと想定していたが…

結構できるものだ。

昨日からの展開がよかったのか…

今日の導入がよかったのか…

それとも、どうであれ子どもたちは理解できる力をもっていたのか…

分からない。

けれども、結果はよかった。

 

【国語】

説明文。

昨日までの復習を超スピードで行う。

全員を起立させて…

一問一答で答えさせていく。

言ったら座る。

 

今日は、残りの1段落と13段落について考える。

1段落は…話題提示。

「話題を提示するように、読んでごらん」

何人かに読ませる。

途中で宇宙人が乗り移ってきた子がいた。笑

13段落は…本文を読めば分かる。

ここには筆者の考えが書かれている。

「私は〜考えました」と書いてある。

わかりやすい。

 

次に、カルタ作り。

今日は読み札となる文を作らせる。

教科書に観点が4つある。

全部伝えたが…

1つに絞ったほうがよかった。

そうすればこちらもきちっと評価できる。

 

作業が始まったら、いろいろと突っ込みを入れていく。

もっと面白い文章を作らせる。

センスが問われる。笑

 

【給食】

4時間目終了直前。

「この後、何があるか分かる人は起立」

全員が立った。

何をするのか問う。

「ランチルームで給食です」と返ってくる。

「どのようにすればいいか分かる人から行きなさい」

静かに移動が始まる。

 

今日は準備が早かった。

集中して取り組んでいた。

 

会食。

今日はしりとりをした。

なんでもありのしりとり。笑

いかに相手の思考をストップさせるか…。

15分後、片付け。

掃除。

4分ほど余ったので、教室に戻って掃除。

その後、昼休み。

 

【会社活動発表】

2つの会社の発表。

1つ目は自作の紙芝居。

新撰組をテーマにしていた。

なかなか凝っている。

短かったが、ちょうどよい。

楽しめた。

全員に感想を言わせた。

2つ目は、マジック会社。

こちらもいいネタを仕入れてきていた。

1つ目のネタは知っていたが…

2つ目は知らなかった。

片足が上がらなくなるマジック。

実際にやってみる。

上がらない…!

原理はなんとなく分かるが…

これは盛り上がる。

いいね、会社活動。

 

【理科】

実験をするほどの準備と時間がない。

そこで、教科書音読をする。

これまでの復習も兼ねる。

 

【国語】

今、教科書の教材を同時に3つ進めようとしている。

その3つ目を行う。

インタビューを行うというもの。

来年度から始まるクラブをテーマとした。

クラブについて知りたいことを考えさせて、班ごとに板書。

 

【計算】

最後に10マス計算を行う。

10−⬜︎の計算。

朝よりも合格者が…減っている。

 

 

【下校】

今日はバレンタインデー。

いくつかチョコをもらった。

以前、子どもたちにもらったはいいものの、最終的に誰からもらったかを把握できなくなり、お返しに困ったことがある。

今日は、一つ一つに付箋をはる。

 

会議が入る。

来年度の計画について。

隙間時間で、校内研究の反省を書く。

書き始めたら…

止まらなくなった。笑