読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を綴っていきます。

2017年2月13日の成長日記

最近、起床時刻が早まってきている気がする。

早くて3時台。

遅くとも4時前半には目がさめる。

ただし、睡眠時間の観点から言えば、短い。

こういうペースの繰り返しなのかもしれない。

 

職場には7時前に着く。

家で色々と事を済ませてきた。

やらなければならないことは山のようにあるのだが…

一切手をつけず。

目の前のことにだけ手をつける。

土曜日は、サークル。

日曜日は、家族Day

今週の計画を立てていなかった。

朝に立てる。

 

今日から算数が新単元に入る。

なかなか難しい。

を使った式。

教科書通りに進めると…わからない。

混乱するかもしれない。

まずは式だけで攻めてみる。

私が受け持つコースは…

算数が苦手な子たち。

こういうときほど、燃える。

 

気がつけば8:10になっていた。

子どもたちが登校してくる。

 

【読み聞かせ】

今日は保護者による読み聞かせの日。

8:25になるまで、朝学をする。

週明けだが…

計算プリントは飛ぶように売れる。

大盛況。笑

8:25から読み聞かせ。

席を移動して、子どもたちが座るスペースを作る。

図書係が号令をかけるはずだが…

誰も何も声を発さず。

寝ぼけているのか。

代表委員にさせる。

 

紙芝居を2つ。

紙芝居というのは、いい。

イメージができる。

引き込まれる。

読み聞かせの最中に、1人、2人と遅刻組が登校。

今日は欠席1名、通院後に登校が1名である。

 

【班学】

「準備のできた班から、朝の会をします」と指示。

一気に、モードに突入する。

·         挨拶

·         音読

·         返事

声が飛ぶ。

月曜日の朝、子供達のペースで進むのがいい。

 

「ひと班ずつ、音読します」

1班から音読をさせる。

詩は…班ごとに決めさせた。

いい声。

力が出ている。

2周したところで、とある6人を指名して、前に来させる。

「この子たちは、とびきり声が出ている先進隊です。この子たちに負けないようにいきます」

対面させて、音読をさせる。

今日一番の声。

気持ちは切り替わった。

 

計算を行う。

まずは「なんこれ」を行う。

少し、制限をかける。

「数字を丁寧に書きなさいとは言いません。スピードを重視して構わない。ただし、全く読めない字はアウト。」

以前から気になっていた。

1分を切る子たちの数字は、読めたもんじゃない。

先日、S先生は同じような指導をされていることを知った。

早速、指導。

やはり…記録は落ちる。

しかし、これでいい。

ボロボロに落ちるわけではない。

1分切りが3人。

1分台が25人。

2分台が5人。

 

次に、10マス計算。

10−の計算を行う。

10の分解。

すんなりいくと思っていたが、そうでもない。

私の「当たり前」は通じない。

50問を4セット行う。

制限時間は45秒。

1回目。

40秒台が3人。

30秒台が11人。

20秒台が9人であった。

23人合格。

 

2回目。

40秒台が4人。

30秒台が12人。

20秒台が9人。

25人合格、2人増えた。

 

3回目。

40秒台が4人。

30秒台が14人。

20秒台が8人。

10秒台が1人出てきた。

27人合格、さらに2人増えた。

 

4回目。

40秒台が4人。

30秒台が15人。

20秒台が8人。

10秒台が1人。

28人合格、さらに1人増えた。

 

1回目から4回目にかけて5人合格者が増えた。

達成感も高まる。

 

30問割り算を行う。

制限時間は45秒。

1回目。

40秒台が2人。

30秒台が1人。

20秒台が12人。

10秒台が14人。

10秒切りが1人。

30人合格。

 

2回目。

40秒台が1人。

30秒台が2人。

20秒台が10人。

10秒台が17人。

10秒切りが1人。

31人合格、1人増えた。

 

漢字ドリル高速読み。

計算同様、終わった後に何ページまで読んだかを一人一人に発表させる。

リレー形式。

とにかく「声」を出す機会を作る。

短い言葉なので、すぐに言える。

 

最後に、算数のコースを伝えて、1時間目終了。

 

【算数】

を使った式。

ここは、概念を理解するのに難しさがある。

問題文から立式する際、普通に解けば済むのに…

を使う。

よく分からなくなる。

 

昨夜、寝る直線に思いついたアイデアを実践する。

いたってシンプル。

第1時、問題文は無視する。

式だけで攻める。

板書する。

 

+2=5

 

に入る数字は何ですか」

ここは比較的簡単。

3!と答えが返ってくる。

「では、どうやって3と求めましたか」

少し考える。

が、すぐに出てくる。

5−2!

そこで、板書する。

 

+2=5

  =5−2

   =3

 

等号の位置を揃えるように指導する。

こういった問題をいくつか解く。

すると、子どもたちはあることに気付く。

 

を使った足し算の式では、を求める式は引き算になる。

 

これが分かれば、あとはスラスラ解ける。

「先生、じゃあ引き算だったら足し算になるのかな」と声が出てくる。

予想通り。

板書する。

 

−3=8

 

には何が入るかを問う。

ここも比較的簡単。

11と返ってくる。

「どうやって求めましたか」

ここで、結構悩む。

だが、一人が突破してくると連鎖する。

8+3だ!

ここで板書する。

 

−3=8

  =8+3

   =11

 

子どもたちも「やっぱり!」という顔をしている。

予想が当たったのだ。

同じようにいくつか類題で演習。

教科書の問題も解かせる。

 

残り10分。

「最後はちょっとレベルをあげるよ」

俄然、やる気が出てくる。

 

×3=24

 

に入る数は…8。

これはすぐに出る。

しかし、を求める式となると、なかなか出てこなかった。

できた子からノートを持って来させる。

時間差で正解者が増えてくる。

 

×3=24

   =24÷3

    =8

 

3種類のを使った式を解いた。

を使った式の概念は、理解できただろうか。

明日、問題文からを使った式を立式させる。

手立ては…「何」だ。

 

【国語】

教科書の教材。

カルタ作りだ。

前回は、カルタのテーマになりそうなものをブレストした。

今日は、まずはその中から1つ選ぶ。

一人一人に決定したテーマを言わせた。

ここでの声は…小さい。

計算の記録発表や返事で毎回のように声を出しているが…

こういう初めてのことになると、途端に声が出なくなる子がいる。

自信の問題もあると思う。

これが実態。

その後、取り札となる言葉を挙げていく。

「食べ物」を例に一緒に考えた。

ハンバーグ、ステーキ、寿司…

いろいろ出てくる。

テーマに合う言葉をとにかく出す。

「10の言葉を目標に」

作業開始。

早く終わった子から、読み札となる文も考えさせた。

ステーキなら…

ジュージュー香ばしいステーキ。

25分ほど経過…

ここで終了。

 

次は説明文教材。

一斉に音読。

途中で、各々のペースで読ませる。

毎度のように、読み終わったら印に色を塗る。

1つの教材で10回読むことが目標となる。

この説明文は13段落構成。

とても分かりやすい構造。

そこに視点を向けさせていく。

繰り返し出てくる言葉に着目させる。

図にも着目させる。

きれいにまとまる。

 

【総合】

最初8分間ほど、自学。

それぞれで学習をする。

国語のカルタ作りの続きをしている子を褒める。

 

その間に、板書をする。

前回、話し合ったことを整理したもの。

ここから、2年生に発表する内容を決めていく。

 

【給食】

今週はランチルームにて会食。

学期に1週間、割り当てられる。

教室で事前指導。

「準備」「片付け」と板書。

「ここに共通するものは何ですか」

静かにする、テキパキやる、などの意見が出た。

どれも認める。

「では、何のためにそうするんですか」

考えさせる。

いろんな意見が出てくる。

どれもよい。

きちんと理由が考えられている。

ランチルームへ向かう。

 

片付け。

今までのランチルーム初日にしては、よくやっていた。

煮物の配膳に時間がかかったために、結局は会食開始はいつもの時刻だったが…

その他はスピーディーであった。

会食は楽しく。

15分間時間を取る。

その後、片付け。

一気に静かになる。

「メリハリがありますね」と専科の先生に言われた。

いつものことだが…

ランチルーム初日にしては、よい。

片付けが終わった子から、自然と掃除が始まる。

時間いっぱい、活動できた。

 

【自問清掃】

先週、いくつかのNew掃除グッズを与えた。

今日もそれを活用している子がいる。

今日は…

完全に子供達に任せた。

私は…

計算プリントの印刷。

割り算があと数枚しかない。

ヒット商品だ。笑

250枚ずつ刷る。

 

【理科】

教室に戻ると、昼学が始まっていた。

そのまま続ける。

私は…

あえて箒で掃除を始める。

3分間くらいだろうか。

「教室掃除をした子、来なさい」

子どもたちを集めた。

3分間で私が集めたゴミを見せた。

掃除直後の教室である。

「私の“見つけ玉”が凄すぎるのか…それとも君たちの“見つけ玉”が…」

これ以上はあまり言わない。

いや、言ったか。笑

 

理科の実験をする。

じしゃくについた鉄は、じしゃくになるか。

子どもたちは…

いい反応をしていた。

 

【クラブ見学】

来年度からクラブが始まる。

今日は、クラブ見学。

我が校には7つのクラブがある。

前任校では…

10以上のクラブがあったので、それを回るのは非常に大変だったが…

7つならじっくりと見られる。

 

見学後、子どもたちに希望のクラブを発言させた。

ここでも…

声が小さい。

下校直前、素に戻っているのか、それとも…。

さようならの挨拶。

蚊の泣くような声。

なんだこれは!

やり直しをさせる。

下校。

教室掃除。

下校の見守り。

その後…

とある対応に追われる。

自分の仕事が何一つできずに、退勤時刻がすぎる。

夕会にも出席できず。

一体、教師の仕事とは何なのだろうか。

 

月曜日にしては、密度が濃かった。

声はよく出ている。

これをさらにレベルアップしていきたい。

他の活動にも波及していきたい。