Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2017年1月20日の成長日記

今日は雪予報。

だが、朝は曇り。

ということで、安心して通勤。

念のため、雨具をバッグに入れる。

靴も、濡れてもいいように、お古なものを。

自転車通勤は、こういうところに気をつかうのだ。

 

【登校〜朝の時間】

教室で読書をして子どもたちが来るのを待つ。

一番手は、代表委員。

今日はユニセフ集会。

そのための準備ということ。

いつもより10分早く登校してきた。

そのあとすぐにもう一人の代表委員が。

即体育館へ向かった。

 

8:10になる。

男子二人が元気良く入室。

いつもの二人だ。

寒さをものともしない元気の良さ。

気持ちがいい。

全員が揃ったところで、体育館へ。

ユニセフ集会。

どの学校でも取り組んでいることだと思うが…

毎年思う、よく準備しているな。

いろいろと勉強になる。

ユニセフ募金は来週から。

 

【国後】

ユニットで授業を行う。

·         漢字テスト

·         漢字練習(指書き、なぞり書き、写し書き、一人書き、空書き)

·         漢字ドリル高速読み

·         リズム漢字

·         辞書引き

·         詩文暗唱

残りの時間は教科書に沿って学習。

今日はグイグイ引っ張った。

リズムが生まれる。

3学期になってここまでやったのは初めて。

子どもたちも久しぶり。

このリズム感を来週からも続けていこう。

 

図書

図書室へ行く前に指導。

本は手元に2〜3冊置いておくこと。

一度着席したら、最後まで立ち歩かない。

読み始めた本が「つまらない」と思ったら、手元にある他の本を読めばいい。

すべての本が「つまらない」と思っても、自分で選んだのだから最後まで読みきること。

時間内に本が決まらずに着席できないようだったら、私好みの本を選ぶ。

 

図書室へ。

最初の4〜5人が黙って入室していた。

その後、「おはようございます、よろしくお願いします」と続いた。

「こんにちは」と言っている子もいた。

ふざけているわけではない。

惰性になっているのだ。

時間を考えていない。

“言っている”だけ。

心がこもっていない。

 

本を選ぶ時間は、おまけで10分与えた。

その後25分間はじっくりと読書。

私も読書。

いい時間になった。

 

【中休み】

ちょうど雪が降り始める。

雪…?

みぞれ…?

とにかく、外遊びはできない。

教室で過ごす。

 

【算数】

なぜか始業のチャイムが鳴らない。

多くの子が時間に気づかず。

放送がかかった。

「チャイムがなりませんが、3時間目が始まりました」

5分遅れてスタート。

 

今日は、文章問題。

何度も読む。

立式は問題はない。

やはり、計算ミスが起こる。

間違えた問題は、成長のチャンス問題。

そこをできるようにすれば、一歩成長できる。

「直し」をさせるが…

ただ赤で答えを書いているだけの子がいる。

何もやらないよりはマシだが…

それでは意味がない。

その問題は「できないまま」になってしまう。

筆算からきちんと書いて直すように伝えた。

 

空位のあるかけ算の筆算。

最初に誤答を提示する。

 

  503

  × 40

 2120

 

半数の子が、正答であるという。

正しくは、このようになる。

 

  503

  × 40

20120

 

一度わかれば、わかる。

だが、気づかないとわからない。

ここは気付くまで考えさせた。

だんだんと分かってくる。

実際に自分で解いても最初はわからない。

トライ&エラーを繰り返して、やっとわかる。

そして定着していく。

最後に類題4問で練習をした。

 

【自問清掃について】

20分ほど、自問清掃について話をした。

がまん玉、見つけ玉、親切玉を磨くということ。

また、振り返り作文でよいものを紹介した。

だんだんと子どもたちの取り組み姿勢が向上している。

 

その後、理科の実験器具を作る。

この時間では終わらない。

続きは午後に。

 

【給食】

 

【自問清掃】

 

【音楽】

子どもたちを送り届ける。

またもや、“言っているだけ”の挨拶。

心がない。

指導が必要だ。

が、この時間、私は6年生の補教に入る。

急ぐ。

テストを行う。

6年生のこの空気感。

久しぶり。

1年ぶり。

こう考えると3年生というのは幼い。

可愛らしい。

6年間で、子どもはまるっきり変わる。

 

【理科】

豆電球を使った実験器具を作る。

電気を通すものを探すためのテスターを作る。

·         わりばし

·         豆電球

·         乾電池

·         ビニル動線付きソケット

·         ビニルテープ

作成にだいぶ時間がかかった。

残り10分ほどになったところで全員完成。

教室内で電気を通すものを探しまくる。

すべてノートの記録。

途中、私の腕時計で実験する子が現れる。

通らない。

が、金具のところは電気が通った。

「先生の腕はどうですか?」

私の腕で試す子がいる。

「うわっ!」

痺れた!!…ふりをする。笑

教育上、よくない。笑

楽しい雰囲気で終える。

 

【下校】

さようなら。

この後、夕会までの時間、教室で過ごす。

 

17時前には退勤する。

雪は…降っていない。

そのため、雨具を学校に忘れる。

どうりで荷物が軽いわけだ。