Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2017年1月14日の成長日記

土曜日。

だが、出勤日。

午前中だけだが、授業がある。

新学期が始まって5日目。

週休2日制というのは、もう昔の話なんだな…

今日も変わらず6時に出勤。

誰も来ていない…。

教材の印刷をして、学級通信を3枚作成する。

2つ仕事が終わっても、まだ7時過ぎ。

早朝の仕事はいいものだ。

 

【社会】

今日は、地域の方から「昔の暮らし」について色々と話を聞くことになっている。

ゲストは4名。

お囃子や商店街、昔の遊びなどについて話を聞く。

とても貴重な機会。

私も勉強になる。

このあたりには、昔は川が流れていた…!

信じられない!

写真も見せていただいた。

何年前だろうか…

こんなにも変わってしまうものなのか。

 

今の子は、クワガタやカブトムシを見たことがない子がいるという。

時代が変わったのか、地域性のものなのか…。

今の子の遊びの主流は「ゲーム」である。

昔は…そういうものはなかった。

私が子どもの頃は、スーファミがあった。

任天堂64とかXboxなども出た。

プレイステーションも出た。

時代の転換期であったのかもしれない。

2時間、とても貴重な話を聞くことができた。

 

【算数】

プリント学習を行う。

全員一斉に行うのだが、やはり個人差がある。

この差をいかに吸収していくかが、私のこの時間のテーマとなる。

早く終わった子には、空いているスペースに説明等を書かせた。

ある程度の時間が経ってから、丸つけをする。

答えはほとんどが私が言う。

ここも、最初からいうのではなく、プリントの最後の問題から答えを言っていく。

そうすることで、まだ問題を終えていない子はギリギリまで問題を解くことができる。

答えを言うスピードも意識する。

最後の方の問題から言うため、始めの方はスピードを速めて…

後になるにつれて、ゆっくりにしていく。

まだ完璧とは言えないが、これで個人差を吸収できた。

「何もしていない時間」をほとんど作ることなく、常に問題を解いている状態となった。

 

今日の授業はこれにて終了。

子どもたちが下校した後、いくつかの日記から文章を作成し、学級通信の原稿を作る。

続きは月曜日の朝だ。

これで、今週は終わり。

長い1週間であった。