Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2017年1月12日の成長日記

新学期3日目。

今日から午後の授業が始まる。

掃除もある。

昼休みもある。

いよいよ“いつもの”学校生活になってきた。

 

今朝はいつもよりは遅めの出勤となる。

と言っても、6:15に到着。

すでに決まった係や当番を通知表に記入する。

できる仕事は先に先に…。

その後は教室で教材研究。

今日から始まる社会をどのように導入しようか…

いろいろと案を練る。

社会科の雑誌を家から2冊持ってきた。

それも読む。

イデアが固まってくる。

 

【登校〜朝の時間】

8:10になる。

子どもたちが元気良く教室に入ってくる。

いい声だ。

だが、数人黙って入ってくる子もいる。

その子に向かって「おはようございます!」と声を飛ばす。

気づいて大声で挨拶が返ってくる。

やまびこのようだ。

 

今日は短縄の時間。

校庭に出て、リズム縄跳びを行う。

寒いが、これくらい動く方がちょうどよい。

 

【図工】

3学期になって初めての専科だ。

「君子は独りを慎む」

板書する。

気合を入れる。

自分を律すること、誰に見られていなくともきちっと正しい道を貫くこと。

そういうことを確認する。

「心の準備が整った人から、廊下に並びなさい」

黙って並ぶ。

整列も早い。

が、3人遅れる。

気付くと、先進組は出発してしまった。

こういうところで差がついてしまう。

それまでの準備が大切なのだ。

 

【身体計測】

身体計測を待っている間にすることを板書しておく。

1.       漢字ドリルを丁寧に書く。

2.       3学期の目標を考える。

3.       読書をする。

男子から出発する。

並ぶ際に、2人の声が聞こえた。

「あなたたちは、今から何をしに行くんですか」

もう一度気を引き締める。

保健室までは静かに向かった。

授業中ということを理解しての行動。

ここからは養護教諭にバトンタッチ。

私は身長の計測を慎重に行う。

多くの子が「お願いします」と言えている。

こういうちょっとしたことが「当たり前」にできることが大切なのだ。

女子が途中から来る。

とても静かだ。

男女ともにスムーズに終えた。

養護教諭から「成長している」と言ってもらえた。

 

【国語】

教室に戻ると、それぞれの課題に取り組んでいた。

しばらく経ってから、リズム漢字の音読を行う。

3年生、そして4年生。

終わった後、「4年生は難しすぎる!」と言っている子がいた。

3年生にとっては、1つ上の学年を先取りしているのだ。

聞くと、4分の1は同じペースで読めたということ。

自分でどこまでできているのかを把握していることが偉い!

明日は1つでも読むことができれば、それが成長になる。

読みがなは振っている。

3年生バージョンが読めれば、4年生も必ず読めるようになる。

これから慣れていく。

励ましながら進めていこう。

 

【10マス計算】

昨日に引き続き、10マス計算。

+0、そして+1。

「昨日よりもちょっと伸びた!」という子が多くいた。

全部できなくてもいい。

昨日よりも1㎜伸びれば、それでいい。

それが積み重なって、いつの間にかできるようになる。

そういうことを実感してほしい。

計算自体は難しくはない。

ただ、それを「書く」までの時間をいかに短くするかが難しい。

計算の反射神経。

そこを鍛えていく。

 

【社会】

3学期初の社会。

教科書の挿絵を活用する。

昔の暮らしの様子が描かれた絵を見て、「わきお」君を書く。

時間は5分取った。

多い子で20個。

1分に4個のペースだ。

その後、近くの子で意見交流。

 

絵の真ん中にある「いろり」について着目する。

「これ(いろり)について、意見のある人はいますか?」

いろいろな意見が出る。

やかんだ、お味噌汁を作っている、火がある、家の中で火が燃えている、上からぶら下がっていりる、やかんみたいなものにゴツゴツしたものがある、薪が14本ある…。

「これは何というか知っていますか?」

ほとんどの子が知らないようだった。

ヒントを出す。

「い」です。

だんだんと分かってくる。

「いろり」と聞いた時、「あぁ」という声。

聞いたことはあるようだ。

「これは、何ですか?」

魚の形をしたものに着目させる。

事前に調べたところ、これは水をイメージしたもので、火事を避けるためのお守りのようなものらしい。

近い意見が出たので、取り上げる。

「いろりは今で言うと、何ですか?」

いろりは、今は一般家庭にはあまり見られない。

では、何に相当するのか。

暖房・調理・電気の3つの役割をすることに気付かせた。

「昔」の暮らしについて、だんだんと興味をもってきたようだ。

しかし、ここでちょうど時間。

振り返りを書いて終わりにする。

 

【給食】

準備に取り掛かる前に、「静かに待つ」のポスターを全員で確認。

「昨日、静かに準備できた人?」と確認。

ほとんどが挙手。

「昨日、できなかった人?」と確認。

残りが挙手。

「さぁ、今日はどうしますか」

準備を始める。

途中でもう一度確認する。

「今のところ、静かに待てている人?」

多くが手を挙げた。

「その中で、昨日もできていた人?」

その子たちには「継続できている。素晴らしい」と褒める。

「昨日はできなかったけど、今日はできている人?」

2人が挙手した。

「昨日よりも確実に成長している!」と伝えた。

 

会食。

私はお代わりを1度だけして、残りの時間は学級通信の原稿を作成した。

今日の身体計測のことについて書く。

 

【昼休み】

私は看護当番のため、外で見回り。

とても天気がよく、気持ち良かった。

 

【清掃】

3学期初の清掃。

2学期から引き続き、自問清掃を行う。

特別な指示はしない。

それぞれが自分で決めた場所を黙々と清掃する。

私も教室を黙々と清掃する。

 

【算数】

2けたのかけ算。

教科書に沿って学習していく。

それにしても、教科書忘れが多い。

社会の教科書も忘れが多かった。

まだ「おやすみモード」が抜けないのだろうか。

 

4×30の計算。

4×3の10倍。

4×3の答えの右に0を1つつける。

 

これを基本型にした。

他の問題で練習する。

 

2×90の計算。

2×9の(  )倍。

2×9の答えの右に0を( )つつける。

 

定着してきたので、1つレベルアップ。

 

40×30の計算。

4×3の(  )倍。

4×3の答えの右に0を(  )つつける。

 

少し戸惑う子もいたが、教科書のヒントとなる図がある。

類題を行って、定着を図っていく。

 

最後はドリルを行う。

「よーいドン」で一斉にスタート。

1分後に「やめ」の合図。

多い子で9問。

「今、1分間でした。1分間でここまでできるのです」

丸つけをしてから、終了。

 

帰りの会

今学期はまだ“日直”を立てていない。

今は全員にいろんな場面で機会を与えていく。

連絡帳を書く。

今日は書き終えた子から「先生チェック」をした。