Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を綴っていきます。

2017年3月13日の成長日記

今朝は5時前に起きる。

学校には6時半に到着。

やることがたくさんある。

·         学級通信印刷

·         週案簿作成

·         避難訓練計画確認

·         不審者対応訓練提案文書印刷

·         プロジェクト計画

·         テスト印刷

朝のうちにやろうと思っていることが多すぎる。

月曜日からだとパンクしそう…

無理はせずに、プロジェクトは明日からのスタートにする。

新たなプリントは導入する。

地図記号と、暗唱。

今日は前哨戦…

 

今日は、急遽挨拶当番となった。

印刷をしながら、正門で挨拶をする。

途中で、抜けて印刷を確認。

再び、正門。

落ち着かない。

 

【登校】

月曜日。

いい声がとぶ。

読書の指示を出して、印刷の続きに行く。

 

【読書】

教室に戻ると、読書が始まっていた。

静かに読んでいる。

よく見ると、計算等を行っている子もいる。

そこは…見過ごす。

最後のプロジェクトに向けて。

 

【朝の会】

 

久しぶりに全体で行う。

声の“当たり前レベル”は上がっているので…

声はいい。

音読が終わったところで、新たな詩を提示する。

 

「小景異情」を読む。

私が暗唱してみせる。

その後、追い読み・交代読み。

「明日には、覚えてくる子がこのクラスには絶対にいるだろうなぁ」

期待評価。

「あの子とあの子と…それからあの子も…きっと覚えてくるだろうなぁ」

ぼんやりと伝える。

さて、何人が暗唱してくるか楽しみである。

 

【計算】

あまりのあるわり算30問。

1分制限。

23人が合格。

うち19人があまりあり。

半分まできている。

 

次点となる子があと1問レベルだったので、もう一度行う。

23人が合格。

うち、17人があまりあり。

 

さらにもう一度。

28人が合格。

うち19人があまりあり。

 

わり算100問。

2分制限。

1分切りが15人。

1分台が13人。

合計28人が合格。

 

【漢字】

50問を5分で行う。

30人が5分以内に終える。

トップの子は、さらに47個の関連熟語を書く。

前回よりも増えている。

一瞬の隙間時間をなくしていく。

とことんこだわる。

 

【県名チャレンジ】

今日は、中国地方を行う。

これで、北海道、東北、関東、四国、中国ときた。

 

【算数】

3年のまとめを行う。

導入問題で、助走をつける。

難しいのは、0.5kgという表記。

それが500gと分かるかどうかの問題。

 

時間の問題も苦手な子にはできない。

できない子は、すべて頭の中だけで解決しようとする。

だからパンクする。

書けばいいのだ。

時計を書けばいい。

数直線を書けばいい。

書けば、分かる。

時間がかかろうが、わかればいい。

頭の中だけで解いて、間違えて…それで余計にわからなくなって…

その過程も無駄ではないが、書くことをしていないのも問題。

急がば回れ

筆算もちょこちょこっと書くから、ミスが起きる。

でかく書けばいいのだ。

 

【中休み】

ちょっとしたことが起きる。

それの対応で、3時間目の開始が少し遅れる。

 

【保健】

テストを行う。

 

【国語】

おにたのぼうし。

前回の続きを行う。

おにたは、誰のためにごちそうを持って行ったのか。

A 女の子のため

B 女の子とお母さんのため

まずは、全員に意見と理由を発言させる。

それらを板書で整理。

大きく2つの対立が見られた。

指名無し討論につなげていく。

が、今回は、発表指導も入れていった。

本当なら、この段階の指導はもっと早い時期に行うべきであろう。

しかし、ここをすっ飛ばすと…

討論にならない。

一部の発言に偏ったり、脱線しまくったりする。

一つ一つ教える。

最後に、振り返りを書いて終えた。

 

【給食】

準備が少し遅い。

自分が当番だということに気づいていない子がいる。

声をかける。

 

片付け。

終わった子から、昼学を行う。

やっている子は、やっている。

自然の姿。

登校日はあと8日。

給食があるのは、今日を含めて7日。

ここまでは、指導を入れてきた。

強制感は0とは言えない。

しかし、自然体で取り組んでいる子もいる。

目標を持っている。

今日は、見守った。

来年度につなげていく意味も込めて。

 

【昼休み】

途中で予告無しの避難訓練が入る。

 

【自問清掃】

避難訓練のために、時間がずれての清掃。

やる気が起きなかったが…

頑張った。笑

 

【理科】

ある本を読み聞かせする。

途中で、読むのをやめて、子どもたちに問う。

その繰り返し。

この本の著者は…

私の恩師。

中学校の時の担任でもあり、理科の先生でもある。

今でも授業を覚えている。

当時の私でも「斬新だなぁ」と思っていた。

とても楽しい授業。

そんな昔話を子どもたちにも伝えた。

「あぁ、だから先生の授業も面白いんだ」なんて言ってくれる子もいた。

面白いかい?

正直、理科はまだまだ勉強不足。

発展途上…

いや、その過程にもいないかもしれない。

子どもたちに申し訳ない。

 

【下校】

さようなら。

今日は、夕会のみであとは仕事ができる。

今週も事務仕事があるが…

今日は置いておく。

明日から始めるラストプロジェクトの準備をする。

大量に印刷。

表紙も作る。

登校日はあと7日。

成長の限界値は教師が勝手に決めるものではない。

まだまだ伸びる。

一寸先は闇…いや、光に満ちている。

楽しみだ。

 

 

 

2017年3月11日の成長日記

今日は今年度最後の土曜公開日。

休日ではない。

しかし、昨日は久しぶりにある方と飲んだ。

飲んだせいもあるかもしればいが…

ぐっすり眠れた。

5時に起きる。

学校には、6時45分に着く。

今日のプリントを印刷する。

教室へ行くと、漢字やわり算のプリントも売り切れかけている。

まとめて大量に印刷する。

今日の構想を練る。

 

【登校】

元気よく挨拶。

登校した子たちから、朝学を始める子が多い。

 

【読書】

一応、読書の時間ではあるが…

計算等、自学は可とした。

集中して行う。

1時間目開始3分前まで続けた。

 

【朝の会】

班学で朝の挨拶と音読、返事を行う。

ある班は、声が適当であった。

最初に指摘する。

その分、スタートが遅れる。

最後の返事も、適当だった。

「もっている力を発揮していない」

この点について厳しく指導した。

 

【算数】

ベーシックドリルを行う。

 

百人一首

今日は4年生との対戦であったが…

4年生は、具合が悪い子が多い。

そんな中で交流するのは、あまりよろしくないので、延期となる。

その代わり、隣のクラスと交流。

20分ほど百人一首で対戦をした。

 

交流後、一人一人に感想を言わせる。

目標は4年生との対戦。

楽しみにしているようだ。

 

最後、5分ほど時間が余ったので、ナンバーゲームをする。

 

【中休み】

 

【計算】

あまりのあるわり算をやろうと思ったが、プリントが足りなかった。

そのため、(割り切れる)わり算30問を行う。

45秒制限。

1回目で、あと3人がもう一歩であった。

すぐに2回目を行う。

全員がクリアした。

 

【漢字】

50問を5分制限。

早い子は3分を切ってくる。

終わった子から、関連する熟語を書く。

一番多い子で、44個。

昨日よりも4個増えた。

 

【おにたのぼうし】

おにたが持ってきたご馳走。

この場面を音読する。

そこで、問う。

「おにたは、誰のためにごちそうをもってきたのか」

全員に発言させる。

多くが「女の子のため」と言う。

そんな中、二人だけが「女の子とお母さんのため」と言った。

これで討論となる。

A 女の子のため

B 女の子とお母さんのため

果たして、どちらなのか。

2分間、意見をノートに書く。

その後、発表。

まずは、人数の少ないBから言わせた。

途中で後悔したが、流れとしてはAから言わせた方がよかったかもしれない。

Bの意見は、次の通り。

・お母さんにも食べて欲しい。

・お母さんがご飯を作らなくて済む。

・病気のお母さんを動かしてはいけない。

・優しいおにたが、お母さんのことを考えていないはずがない。

・女の子がご飯を食べれば、お母さんが安心する。

・女の子がついた嘘を本当にする。

 

一方でAの意見は、次の通り。

・母が食べている描写はない。

・母は病気だから、食べられない。

・おにたは一食分しか持ってきていない。

・女の子にしか渡していない。

 

これらの意見を聞いて、子どもたちの読み取りの深さ具合がよくわかった。

浅い子もいれば、深い子もいる。

それらをどのように共有していくか。

 

今日は、全員に意見を言わせたあと、こちらで少し整理をしてから、班学で話し合った。

各班、白熱している。

この続きは次回になる。

 

【下校】

さようなら。

今週はこれで終わり。

 

このあと、じっくりと教材研究をする。

事務仕事の今週分の仕上げをする。

 

 

 

 

2017年3月10日の成長日記

昨日は、帰り際にある方と飲んだ。

平日に、ふらっと飲みに行くのは久しぶり。

始まりが20時を過ぎていたので…

帰宅も0時ギリギリ。

教育について話すことができた。

楽しい時間であった。

 

今朝は5時に起きる。

5時間も眠れていない。

支度をして、学校へ。

6時半に着く。

そこから、事務仕事の仕上げをする。

ひとまず、第一段階は完成。

今週は、これでひと段落。

 

新たな教材プリントを印刷。

これまでは、あまりのあるわり算は30問だった。

100問プリントを用意。

 

学級通信印刷。

昨日、事務仕事の合間にたくさん書いた。

今日だけで、7枚発行。笑

印刷も大変だが、配布も大変。

読むのも大変だ。

 

教室に行ったのは、7時40分ころ。

そこから今日の構想を練る。

明日は、今年度最後の公開授業。

4年生との百人一首も控えている。

純粋な自分の授業時間は1時間。

そこで何をするか…

いつも通りだが、メインは国語になるであろう。

 

【登校】

久しぶりに定点観測。

いつもとは違った場所。

いい声、いい声、いい声。

半数以上…いや、ほとんどがいい。

 

【集会】

音楽クラブの発表。

 

【挨拶】

気合の入った挨拶。

日直が元気一番だった。

 

【音読】

班学の中で席替えをして音読。

声はいい。

揃ってきている。

途中で、ある班に厳しく指導を入れる。

 

【計算】

あまりのあるわり算30問。

1分制限。

合格者は25人。

うち19人があまりありで合格。

 

初めて行うあまりのあるわり算100問。

初めての問題に苦戦する…

5人は、いつものように合格する。

この子たちの力は本物だ。

 

わり算100問。

2分制限。

合格者は30人。

うち、1分切りは17人。

 

【漢字50問】

5分制限。

31人が合格。

あと1人は、最後の問題を書き終えているところでストップ。

ほぼ合格。

多い子では、熟語を40個書いていた。

 

【県名チャレンジ】

今日は四国地方

4つしかないので、覚えるのも容易。

地図上で場所も確認する。

 

【テスト】

理科のまとめテスト。

 

【学級通信】

 

【国語】

おにたのぼうし。

「女の子の家が貧しいとわかるのは、どこか」という課題。

教科書から根拠を見つける。

・トタン屋根

・豆のにおいがしない

・ひいらぎもかざっていない

・でこぼこしたせんめんき

・雪をすくって

・赤くなった小さな指

・へやの真ん中に

・うすいふとん

・雪でひやした

・おなかがすいた

・かんらかかん

・米つぶ一つ

・大根一切れ

・何も食べちゃいない

・やぶれた所

意見がたくさん出る。

教科書には、「貧しい」という言葉は一切出てこない。

しかし、貧しいということがわかる言葉がたくさん出てくる。

これらを「反復」ということを教える。

 

【算数】

テスト。

 

【体育】

班学ごとに準備をする。

まずは、二人組みでキャッチボール。

いろいろな投げ方をする。

その後、点取りゲーム。

攻め、守り、ゴールマンの3つに分かれてローテーション。

得点を競い合う。

最後に、鳥かご。

点取りゲームを行ったあとなので、さらに盛り上がる。

難→易の展開。

これがよかったのだと思う。

私も、各班を回って、一緒に運動した。

 

【給食】

今日は、会社活動ごとに給食を食べた。

 

昼学の時間に、個別に呼んで、目標設定&確認。

目の前で、タイム計測をして、課題を把握させる。

「次は何を目指す?」

子どもたちは、自分で目標を決める。

私もアドバイスする。

あと10日。

まだまだ伸びる。

 

【自問清掃】

昨日の振り返りをもとに、いろいろと意識しながら取り組んだ。

やはり、振り返りを通信で紹介することはとても効果がある。

子どもたちの動きにさらに磨きがかかっている。

掃除終了。

とても清々しい気分となった。

 

【音楽】

空き時間。

学級通信を作成&印刷。

さらに、2枚追加。

合計9枚発行することになった。

 

私の自問清掃の振り返りを書く。

 

【振り返り】

音楽から戻ってきた。

私の自問清掃の振り返りを発表する。

その後、子どもたちも振り返りを書く。

 

百人一首

青札で3回戦行う。

 

【下校】

さようなら。

 

 

 

 

 

2017年3月9日の成長日記

4時台後半に目覚める。

今朝は、スローペースだった。

学校には、6時半につく。

教室で、事務仕事。

いろいろとメモをとる。

朝は頭が働く。

チャンス。

思考を巡らせる。

 

ちょっと急な対応が入る。

作業は一旦、中止。

職員室へ戻り、諸々行う。

副校長から、本日発行する学級通信が手渡される。

「続きが早く読みたい」と言われた。

今、おにたのぼうしについての実践記録を通信に書いている。

事務仕事も並行してだが…

やらなければならないことが大変なときほど、やりたいことは増えてくるもの。

両立…というよりも、やりたいことを優先している。笑

やらなければならないことは、締め切りまでにはやるようにする。

メリハリ(?)が大切。

 

今日の構想を練る。

専科の授業があるので、自分の授業時間は少ない。

その中で、どれだけ密度の濃い授業ができるか。

今日は子どもたちの成長がどこまで見られるか、楽しみである。

 

【登校】

元気よく挨拶。

当たり前の光景になっているが…

本当に多くの子がエネルギーあふれる声を出していると感じる。

当たり前レベルが高まっている。

 

【5分間走】

外で走る。

「体力をつけることが目的。自分のペースで走る。」

事前に伝える。

今日は…

個々で頑張っていた。

怪我で見学の子が数名いる。

はやく回復できることを祈る。

 

【図工】

送り出す。

途中、何度か図工室を見に行く。

なんとも…

壮大な作品に取り組んでいる。

ビッグプロジェクト…

班ごとに協力が見られる。

 

職員室に戻り、事務作業。

まぁまぁ…進んだ。

 

【音読】

班学での音読。

だんだんと声が揃ってきている。

発音も明瞭になってきた。

 

【計算】

あまりのあるわり算。

30問1分制限。

24人合格。

うち、18人があまりあり。

 

100問わり算を2分制限。

30人が合格。

うち、16人が1分切り。

次点の子も伸びている、

 

【漢字】

50問を5分制限。

今日から1分縮める。

結果、29人が5分以内に終える。

 

【県名チャレンジ】

今日は関東地方を覚える。

東北地方も復習する。

 

【テスト】

社会のテストを行う。

 

百人一首

青札で対戦。

2回戦行う。

 

【保健】

環境について。

空気の入れ替えと、明るさについて。

指名無し発言で全員が発表。

 

【給食】

昼学の時間に、個別に指導する。

トップレベルの子の課題を把握する。

さらに力を伸ばすために、今、何をすればいいか。

一緒に考える。

 

漢字についても質問があった。

時間を縮めることはいい。

ただ、あまり時間にこだわると、漢字が雑になる。

ある程度、でいい。

隙間の時間をなくしていくことが大切。

あとは、語彙力を増やす。

関連の熟語をかけるようにする。

そのために、漢字フラワーでたくさん調べて書く。

自分の成長のために、花を咲かせる。

 

【昼休み】

 

【自問清掃】

今日も教室のほうきをする。

いつも使っているほうきは…

子どもが使っている。

そのため丈の短いほうきを使う。

腰を曲げなければならず、体勢が厳しい…

が、その分、床を凝視できる。

集中力が増す。

便利な道具に頼らないことで、新たな発見があった。

 

このことを含めて、自問清掃後に振り返り作文を打つ。

その間、子どもたちは自学。

書き終えた作文を発表し、子どもたちも振り返りを書く。

率先垂範。

まずは、教師がやる。

 

【算数】

力試しを解く。

終わった子から、採点しに来る。

それも終わったら、自学。

 

【下校】

さようなら。

このあとは、何も縛りがない。

久しぶりの自由(?)時間。

まずは事務仕事。

やらなければならない仕事。

だが、ずっと続けると辛い。

途中途中で、仕事の内容を変えていく。

学級通信を書く。

事務仕事。

自問清掃の振り返りを見る。

事務仕事。

トイレにいく。

事務仕事。

こんな感じで進める。

思った以上に、事務仕事が進んだ。

実質3日だろうか。

集中力は私の取り柄の1つ。

よく頑張った。

 

 

2017年3月8日の成長日記

今朝は4時前に起床。

昨夜の就寝が早かったおかげだ。

事務処理が進まない。

こんなに余裕をかましていて大丈夫だろうか…笑

授業に力を入れている。

朝、やればいいのだが…

いろいろとやりたいことを優先してしまっている。

「やらなければならないこと やりたいこと」

こういう状況。

 

学校には6時前に着く。

今日から始める取り組みのプリントを印刷。

算数の難問も印刷。

今日の予定を板書。

ユニットで積み重ねる。

最近は、プリントもよく売れるが…

ストップウォッチも大人気。

我がクラスには、私物が2個しかない。

もっと用意すればいいのだが…

タイムプレッシャーというのは、いい。

集中力がアップする。

目に見えて、成果がわかる。

私も…

事務処理にタイムプレッシャーをかけている。笑

 

【登校】

元気よく挨拶。

すぐに、校内電話で呼ばれる。

ある子の対応をする。

 

教室へ戻る。

全力で挨拶。

やまびこのように返ってくる。

 

【計算タイム】

あまりのあるわり算30問を2分制限。

24人合格。

うち、15人はあまりあり。

 

100問わり算2分制限。

27人合格。

うち14人が1分切り。

 

なんこれ2分10秒制限。

31人合格。

うち11人が1分切り。

 

なんこれは久しぶりに行った。

しばらく間が空いたので、落ちている子が数名。

 

【算数】

重さの単元の難問を行う。

1問正解すれば100点満点。

盛り上がる。

何度も挑戦してくる。

授業が終わっても続く。

隣のクラスで休み時間に「できた」と言って持ってくる子もいる。

熱中できる教材だ。

 

【音読】

班学で行う。

まだ声の揃いが弱い。

声は出ているのだが…

まだまだ。

そのことも伝える。

エネルギーはいい。

 

【漢字】

50問を6分で行う。

昨日よりもスピードが出てきた。

丁寧さは崩さない。

「何もしていない」状態の隙間時間が減ってきたのだ。

問題を見て、パッと漢字が浮かぶ。

このレベルに達する。

時間内に終えた子は、熟語を書く。

熟語で手が止まる子がいる。

語彙を増やすには…

漢字フラワーだ。

 

ワークシートを用意した。

やり方を再び教える。

丁寧に書く。

百聞は一見に如かず。

私が実際に書く。

それを見せる。

それで全てがわかる。

10分間時間をとった。

夢中で行う。

 

【おにたのぼうし】

2場面を音読。

「でこぼこのせんめんき」という言葉を取り上げる。

「でこぼこのせんめんき」とはどういうことか。

指名無し発言。

せんめんきがでこぼこしている。

形が崩れている。

ボロボロになっている。

 

「みんなの家のせんめんきもでこぼこしているか」と問うと、そんなことはないと言う。

では、なぜ女の子の持っているせんめんきはでこぼこしているのか。

古くなった。

たくさん使った。

使い古した。

買い換えるお金がない。

女の子の家は貧乏だ。

 

「でこぼこしたせんめんき」から、「女の子の家は貧しい」かもしれないということがわかる。

では、「女の子の家が貧しい」というのは、それ以外に根拠はあるか。

それを教科書本文から探した。

見つけたところにサイドラインを引く。

 

班で意見を話し合う。

ここでタイムアップ。

次回は、クラスで話し合う。

 

【中休み】

理科の実験に向けて、教材を探すが…

いいものがない。

 

【生活指導】

トイレの使い方で指導をする。

あるいたずらがあった。

全員に意見を言わせる。

 

百人一首

青札を2回戦行う。

4年生との試合は、今週末に迫っている。

試合勘は…だいぶ戻ってきたようだ。

 

ビブリオバトル

第2回ビブリオバトルを開催する。

前回よりも、紹介の時間が延びた。

2分と時間を決めているが…

2分では足りなくなる子が続出。

公式ルールでは5分となっている。

だんだんと本場に近付きつつある。

 

【県名チャレンジ】

4年生に向けて、47都道府県を言えるようにする。

まずは、北海道地方と東北地方。

言えるようになったら、書く。

3年生なので、書けるまでは求めていない。

が、家庭で学習している子もいるようで、全て言える子がいた。

47都道府県の書いた解答を配る。

果たして、どれだけ自主的に行ってくるか。

 

【テスト】

理科のテストを行う。

3年生のまとめ。

 

【給食】

準備中にとあるアクシデント。

一瞬、騒然となるが、すぐに静まる。

いつも通りに準備をする。

 

【昼休み】

この時間は、外遊びをする時間となっている。

昼休みが終わった後に、「どこで」「だれと」「何をした」かを聞いた。

ここからいろいろとわかる。

特に、指導はしない。

聞くだけ。

しかし…

それでもプレッシャーがかかる。

 

【社会】

地域に受け継がれる行事について学習。

教科書や資料集をもとに、穴埋め形式で問題を出す。

多くの子は…知らない。

最後に、「なぜ多くの行事が受け継がれるのか」について考えを発言させる。

指名無し全員発言。

途中で発問を変える。

どんどんと核心に迫っていく。

振り返りを書き、終了。

 

【下校】

さようなら。

この後、地域の方を交えた会議がある。

すぐに向かう。

 

【卒業式準備】

会議のあとは、卒業式の会場準備。

紅白幕をかける。

 

【集金】

業者が集金にくる。

17時を過ぎて、やっと自分の仕事に入れる。

 

 

 

2017年3月7日の成長日記

昨日は22時すぎに帰宅。

月曜は、毎週遅い。

今週から、所見を書き始める。

昨日は、1つの所見を書き上げた。

 

今朝は5時過ぎに起床。

目覚めは…悪くない。

昨日から、アラームの種類を変えた。

そのため、すんなりと…

起きられなかった。

予定では3時台に起きるつもりだったが…

就寝時間が23時すぎだったので、仕方ない。

 

学校には6時半に着く。

そこから、事務仕事。

外国語の書類提出。

今日は、出張。

なぜ、こんな時期に出張があるのか…

その手続きをしようと思ったが…

パソコンが繋がらない。

3度ほどやるが…

ダメ。

これならば、アナログの方が早い。

誰だ、こういう作業を増やすのは。

逆にやりにくい。

5分時間を無駄にした。

結局、手続きができず。

 

プリントを印刷する。

あまりのあるわり算がそろそろなくなってきた。

加えて、漢字のプリントも導入する。

今日から少しずつやっていく。

 

黒板に1・2時間目の予定を書き込む。

最近は、このようにリスト化している。

子どもたちとも共有できる。

一番は、自分のため。

自分がスムーズに動けるように。

結果、子どもたちもスムーズに動ける。

1時間単位の密度が濃くなる。

隙間時間が生まれなくなる。

とてもいい。

 

今日の構想を練る。

テストも、少しずつやっていく。

たまってしまうと…

私も子どももキツイ。

1日1枚。

このペースで行えば、双方に負担は少ない。笑

計画的に行う。

 

【登校】

教室で子どもたちを迎える。

エネルギーあふれる声。

今日は全校朝会。

外だと思ったら…

体育館に変更。

外に出て行った子を呼び戻す。

 

【全校朝会】

表彰があった。

いつもよりも時間がかかった。

集中が切れる。

子どもたちは…

遊び出す子がいる。

その場に行き、注意する。

 

【班学】

·         あいさつ

·         音読

班学で行う。

席替え後、初めての班学。

メンバーは変わったが、リズムは変わらず。

ただ、若干声の揃いが悪い。

 

【計算】

あまりありわり算30問。

1分制限。

23人が合格。

うち、13人があまりあり。

 

100わり。

2分制限。

28人が合格。

うち13人が1分切り。

次点があと6問。

突破は見えている。

 

百人一首

青札を行う。

座席表を確定してなかったので…

少々混乱。

2回戦行う。

 

【テスト】

社会のテスト。

片面のみ。

すぐに終わる。

 

【漢字】

50問を6分で行う。

今日から始める。

終わった子から、その漢字を使った熟語や文章を空いているところに書く。

鉛筆を止めない。

わからなければ、飛ばす。

または、答えを見る。

漢字は、悩んだからといってわかるものではない。

とにかく、書く。

 

【おにたのぼうし】

音読。

昨日の話し合いで、「おにたは悪いおにではない」という意見が多かった。

では、おにたはどんなおになのか。

それを考える。

全員発言。

意見をまとめると、「やさしくて気のいいおに」となった。

それが分かる根拠を教科書から見つける。

最初に出てきた意見は「おにたは、気のいいおにでした。」のところ。

ここにサイドラインを引く。

これは直接的な根拠。

他にもないか問う。

一人が挙手。

「じっとしていられなくなりました。」というところ。

そこを選んだ理由を聞くと、じっとしていられなくなるほど、女の子のことを思って行動したから。

文章を根拠に、よく考えている。

そういった箇所を他にも見つけていく。

 

【算数】

重さの計算。

単位の書き忘れ、単位換算に気をつける。

サクサクと進めて、まとめの問題に入る。

 

【清掃タイム】

全校で地域を清掃する。

縦割り班に分かれて行う。

 

【給食】

清掃タイムのあとだったが、時間通りに準備ができた。

スムーズ。

最初に増やす子には、とことん増やした。

 

昼学の時間、ある子を呼んだ。

この子は、計算はトップクラスの子。

なんこれも、わり算もスラスラとできる。

それらのタイムをさらに1秒でも縮めることを目標にするのもいい。

しかし、それよりも“できること”を増やした方がいいと伝えた。

10マス計算で、11−の計算をさせる。

50問を30秒切り。

次に、12−を50問。

これは…1分を超えた。

ここだ!

12−を鍛える。

個にあった目標を立てさせる。

 

ある子は、かけ算を必死に練習している。

九九のスピードを上げている。

1・2・4・5・6の段は、50問を1分切りできるようになった。

今は、9の段に取り組んでいる。

具体的でいい目標だ。

 

【簡単清掃】

昼休みに有志で清掃をした。

5校時始まりも3分ほど全員で掃除。

 

【保健】

手洗いについて。

この単元は…

前任校で研究授業を行ったところだ。

それ以来の授業となる。

今回は…

ほとんど教材は無し。

教科書で授業する。

指名無し発言との組み合わせ。

この時間に、全員が3回以上は発言した。

 

【社会】

教科書を音読。

途中で、あるトラブルが起きる。

子どもたちには自学をさせる。

10分ほど対応。

教室へ戻り、自学を終わりにする。

 

ここで、目標の立て方について話をする。

残り12日。

できることをさらに高めるのか…

新たにできることを増やすのか…

悩んでいる暇はない。

力をつける。

明日から…

新たな教材を導入しようか考えている。

12日あれば…

できる。

 

【下校】

6校時終了とともに下校。

このあと、出張へいく。

ちょうど…

雨が降る。

最悪だ。

自転車にスーツ。

そして…

知らない場所。

時間ギリギリに着く。

 

 

2017年3月6日の成長日記

今朝は4時前に起床。

いつものようにタイマーをセットしていたので、6時間は寝たはずだが…

眠い。

最近、睡眠の本を読んでいる。

大切なのは、量ではなく質。

睡眠の質が悪いのかもしれない。

朝から頭が働かない。

これは…

二度寝も考えたが…

再び寝たら、余計にリズムが狂う。

とにかく、活動するしかない。

ブログを更新。

こちらも…

なんだか捗らない。

頭が働かない。

 

早めに学校へ行く。

6時前に着く。

1時間ほど、所見を書き始める。

今週が提出日。

今日から少しずつ始める。

所見は…3種類ある。

明日の朝までには1種類は書き終えたい。

もう1つは、題材集め。

少しずつ集めて行って、一気に書く。

最後の1つは…

週末に一気に書ければいい。

 

7時半頃から教室へ。

国語の教材研究。

おにたのぼうし。

今週から読解に入る。

主に、討論になるだろう。

 

【登校】

定点カメラ設置。

あえて…私は教室から出る。

教師不在。

ここでも、いつものようにエネルギーある挨拶ができているか。

5分ほど経ってから教室へ行く。

全力で挨拶。

ほとんどの子が登校している。

超全力の声が返ってくる。

 

【読書】

20分間の読書タイム。

次回のビブリオバトルに向けての準備ともなる。

 

【音読】

班学による音読。

声が出ている。

スピードもある。

 

【挨拶】

ひと班学で挨拶をする。

「1班!」と私がいう。

「はい!おはようございます!!」と挨拶。

これを順にやっていく。

最後は全員で挨拶。

 

【計算】

あまりのあるわり算30問。

まずは、10問ずつ行う。

15秒制限。

最後に30問を一気にやる。

1分制限。

21人が合格。

うち、12人はあまりも書いている。

 

次に100題わり算。

2分制限。

27人合格。

うち9人は1分切り。

 

今日は、上位組が2人いない。

(あとから1人遅れてくる)

先週、ずっと休みだった子も今日から登校。

なかなか全員が揃わない。

 

【テスト】

国語のワークテストを行う。

朝からずっと“動”の活動。

テストで“静”の活動になる。

集中している。

 

【算数】

重さの学習。

ある物をはかるのに、どのはかりを使えばいいか。

量感が試される。

スイカの重さ…

丸々一個を持ったことがない子がいる。

イメージが…難しい。

kgよりも重いか軽いか、それが基準となる。

 

量の単位についても学習。

重さ以外に、長さ、かさなどがある。

それらの単位換算をする。

 

【中休み】

休んでいて出来ていないテストがある子は、この時間に受ける。

 

【国語】

まずは席替え。

お見合い方式。

おそらく…今年度最後の席替えとなる。

 

おにたのぼうし。

おにたの思ったことについて検討する。

 

①人間っておかしいな。

②おには悪いって、決めているんだから。

③おににも、いろいろあるのにな。

 

この3文の中で、おにたが一番強く思ったのはどれか。

それを考える。

一番多かったのは②番。

しかし、①と③にも意見分布は見られた。

それぞれの理由を全員発表。

 

その後、①②③の順番を変えても意味は通じるかを問う。

いろいろと順番を変えて読んでも…

意味は通じる。

では、どうしてこの順番なのか。

 

ここである言葉を教える。

「倒置法」だ。

ここでチャイムが鳴る。

5分休みの間に…

辞書で意味を調べる子がいる。

その子を賞賛。

「倒置法」を使った例文を提示する。

 

今日は、寒いね。

寒いね、今日は。

 

言葉を強調するために、順番を変える。

だとしたら…

今回はどこを一番強調しているのか。

①人間っておかしいな。である。

 

【社会】

洗濯機の移り変わりをみる。

昔は、洗濯板とたらい。

今は、乾燥機付き洗濯機。

どちらが便利か。

意見は二つに分かれる。

一見すると、今の方が便利になっていると思う。

事実、そうである。

が、昔のものにも良さがある。

その良さを知る。

 

【給食】

日直が時間通りに出てきた。

ごちそうさま。

その後、自学が始まるものの…

騒がしい。

6班は優秀だ。

静かに学習することも必要。

この時間は…

そういう時間。

全員が騒いでいるのではない。

大多数は、必要な話をしている。

一部が、騒いでいる。

ごく少数。

これが集中の妨げとなる。

それらの声と、必要な話し声は…違う。

が、区別は難しい。

 

【昼休み】

外で遊ぶ時間。

怪我、病気、それらで遊べない子以外は、校庭で遊ぶ。

このあたりが、最近ゆるい。

 

【自問清掃】

今日は久しぶりに私もフル時間、自問清掃を行った。

行いながら、いろいろと考える。

自問清掃後、すぐさま振り返りをパソコンで打った。

 

それを全員に発表する。

1つの型を示したのだ。

その後5分ほどとって、自問清掃の振り返りを書かせる。

 

百人一首

青札を2回戦行う。

今週末に、4年生との試合がある。

 

【委員会】

クラスの子どもたちを下校させて、委員会へ。

時間が余ったので、集会委員らしくゲームをする。