読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を綴っていきます。

2017年2月28日の成長日記

今日で2月が終わる。

去ってしまう、2月…

早いものだ。

今朝は一度3時に目を覚ましたが…

再び寝てから5時に起きる。

昨夜は22時帰宅の23時過ぎに就寝。

睡眠時間の確保を優先した。

ブログ更新。

今朝も「ルーキーズ」を見る。

生徒を信じる。

とことん信じる。

だからこそ、先生を信じてくれる。

まずは教師から…

何をするにも、それが大切なんだな。

 

職場には7時20分に到着。

今朝はゆっくり。

事務作業を終えて、8時に教室へ。

今日は、2年生への発表本番。

子どもたちがどれだけ力を発揮できるか…

ワークショップ形式なので、同じ発表を何度も繰り返す。

きっと…

やっていくうちにさらに上達するところもあると思う。

本番で成長する。

 

【登校】

子どもたちが入室する直前…

専科の先生と話をしていて、教室で迎えることができなかった。

廊下から見守る。

今日の子どもたちの声が素晴らしい。

昨日よりもだいぶエネルギーにあふれている。

昨日は…

いつもの一番手の子の挨拶について、紹介して褒めた。

それがよかったのだろうか。

ここまで変わるとは思ってもいなかった。

 

1時間目は体育。

着替えが始まる。

ギリギリに来たのに…

いつまでもしゃべりながら着替えている子がいる。

そのため、時間になっても活動に入れない。

指導する。

 

【違っちゃや〜よ】

班対抗でゲームをする。

私がお題を出して、班ごとにお題に沿った1つのものを決める。

それを一斉に発表して、同じものが合った班に1ポイント。

これが基本。

途中からは、どこの班ともかぶらなかった場合に1ポイントを与えることにした。

盛り上がる。

「右利きか左利きか」という超いじわる選択を出した。

6班あるが…

うち5班は「右利き」を選択。

たった1つの班が「左利き」を選択。

その班にだけポイントが入る。

さらに盛り上がる。

 

【体育】

ポートボールを行う。

前回は体育館。

今回は校庭。

チーム数を調整する。

基本は班学。

班ごとにADを行う。

守備の運動量が少ない。

ただただ棒たちで守っている子がいる。

それだと、攻撃側も自由に攻めることができる。

もっとプレッシャーをかけさせる。

よい動きの子を褒める。

とにかく褒める。

だいぶ動きがよくなってきた。

遠距離シュートを打つ子がいる。

それでゴールマンが取れなかったらゴールマンのせいにする。

あまりにもひどい場合は、こちらが突っ込む。

 

【計算】

あまりのあるわり算30問。

表は10問ずつ行う。

裏は一気に30問を行う。

1分制限。

まだ商を立てるだけの子が多い…

だが、半分以上が商がスラスラと立つようになってきた。

20人が合格。

うち7人はあまりまで書けた。

 

次に100題わり算。

表は50問ずつ行う。

あまりにもひどい字の子がいる。

あえて、隣同士で交代させて丸つけをした。

「どうやっても読めない字は、ばつ」と伝えた。

2回目、下半分を行う。

終わったら、全員私のところに持って来させた。

「字が読めるかどうかチェック」

あまりにもひどい字は、ばつ。

最後に100題を一気にいく。

2分制限。

24人合格。

うち6人が1分を切った。

力は着実についてきている。

 

【音読】

おにたのぼうしを音読する。

少しずつ進めてきたが、今日で一通り読んだ。

スラスラと読める。

今日はさらに新しい音読練習方法を教えた。

手で耳を押さえて、高速で読む。

すると、声が頭の中で聞こえる感じがする。

違った声に聞こえる。

続けていくと脳が開ける。

 

【自学】

残りの時間を自学にした。

その間、3分ほど隣のクラスの2年生との交流を見学にいく。

やはり、クラスによって違う。

隣は、掲示物が多い。

パッとみて楽しめる。

我がクラスは…

ほとんど掲示物がない。

いろんなやり方がある。

それが楽しい。

 

【中休み】

6送会に向けての集会委員のリハーサルを見る。

完成度は…

まだまだ。

本番は明後日。

この時間に相談をしている。

それは…

事前に決めておくべきだ。

ここで初めて相談しているというのは、明らかな準備不足。

「不足」というか、そもそもやっているのか?

足りないところを指摘する。

励ます。

 

【算数】

重さの単元。

理科の学習と重なるところがある。

そのため、最初はサクサクと進める。

この時期だからだろうか…

(ほとんど)クラスは関係なく、ビシビシと進める。

4月のやりにくさは…ない。

自分のクラスが安定してきているからこそ、余裕をもって見ることができる。

最後に、振り返りを書けた子から発言させた。

我がクラスではいつものようにやっているが…

それがそのまま通じるわけではない。

他のクラスには、そのクラスのやり方がある。

が、子どもたちはできる力はある。

半ば、強行(?)する。

 

【音楽】

空き時間。

少したまっていたノートを見る。

 

【給食】

5分前から一人で配膳準備を始める。

今日じゃパスタ…

麺をよそってから、さらにその上にソースをかける。

二重の作業。

一人で全部を配膳しきる。

その分、いたたぎますの時間も早まる。

本気を見せつける。笑

 

【総合】

5校時は、準備をする。

最後のリハーサルを行う。

ここでも…

だらけていたり、分かりにくかったりするところはとことん指導する。

直前だろうと関係ない。

ガンガン突っ込む。

 

本番。

子どもたちは全力で取り組んでいた。

どの子も自信をもって行っていた。

それも、練習の成果が現れていたのだと感じる。

今回は、私がだいぶ指導を入れてきてしまった。

その点については、自分自身の中にも賛否あるのだが…

結果としてよかったと思う。

本番で力を発揮して、「やりきった」感を出せたのは、やはり練習のおかげ。

がんばった。

子どもたちは本当に頑張った。

ちょっと…

感動した、子どもたちの成長に。

 

【下校】

このあと、新1年生の聞き取り調査に出かける。

中学校へも出かける。

 

 

2017年2月27日の成長日記

今朝は4時前に起床。

昨日は疲れていた。

20時頃にはダウン。

8時間近く睡眠。

おかげで、体はスッキリ。

しかし、心はスッキリしていない。

月曜の憂鬱かもしれない。

土日をリフレッシュした分、平日との差が激しい。

そのギャップを月曜は急に埋めなければならない。

それが辛い…。

 

ブログを更新。

その後は、「ルーキーズ」を観る。

野球はやったことはないが…

野球ドラマは好きだ。

佐藤隆太の熱血ぶりがいい。

こういう教師、いい。

子どもの夢を全力で応援している。

 

職場には7時すぎに到着。

教室へ行くが…

なんだか雑然としている。

最近の朝の教室のなかでは、あまりいい状態ではない。

自分の心を表しているか…!?

 

【登校】

入室の様子をみる。

一番手は…いい。

相変わらず、いい。

 

【読み聞かせ】

今日の話は2つ。

テーマは「命」だ。

命は、時間。

命を使うというのは、自分の時間を使うということ。

今日の話は、私も読んだことがある。

授業にも使えるよい教材だ。

 

【班学・朝学】

朝の会。

音読。

計算。

それぞれを行う。

 

おにたのぼうしの音読。

だんだんとスラスラ読めるようになった。

場面ごとに回数分の印をつけているが、多い子では10回以上。

そろそろ、読解(討論)に入っていきたい。

 

計算。

あまりのあるわり算。

商はパッと出てくる子には、あまりも書かせている。

まずは上位を引き上げる。

なんこれと同じ。

目の前の結果を求めない。

 

【総合】

近くの小径にいく。

ここで体験活動を行う。

冬の間、わざと落ち葉をばらまいていた。

それで寒さをしのぐようだ。

だんだんと暖かくなってきたので、落ち葉はいらない。

落ち葉を集める作業。

ただの落ち葉集めではない。

丁寧に集めないと、その下にある新しい芽が傷ついてしまう。

何のために落ち葉を集めるのかを理解することが必要。

 

懸命に作業する子どもたち。

が、だんだんと「落ち葉集め」に夢中になる。

とにかく大量の落ち葉を集めることがメインになる。

この体験活動の趣旨を忘れている。

落ち葉集めが夢中になるから、その下にある芽に配慮がなくなる。

自然を守るための活動が、極論を言えば、自然を壊す活動になってしまう。

 

活動の途中であったが、全員を集めた。

話をする。

自然を守るための活動であること。

話が終わった段階で、あと10分ほど時間が残っている。

ここから活動ではなく、ある場所の見学を行うことになった。

ここではカエルを育てているとのこと。

私は…

カエルが大の苦手なので、その時期はここには近づくことはないだろう。

 

【国語】

総合の振り返りを書く。

5分とったが…やはり書ききらない。

さらに5分ほど延長。

全員発表。

読むために書いたわけではないので…

読まずに発表する。

全員が全文を発表していたら、終わらない。

·         考えたこと

·         学んだこと

これらを中心に発言する。

 

発言のほとんどが、「見たこと」「聞いたこと」が中心であった。

「それらの内容なら、見ていただけでも言えます。今日、“体験”したからこそ言えることを話します」と指示をした。

自分の体験での考えが入ってくる。

「今度、小径を通ったら〜したい」と言う子が出てくる。

「今度って、いつですか?」と突っ込む。

言葉では“いいこと”が言える。

が、そのほとんどは実行されない。

「土日です」

「空いている日です」

「春休みです」

そういう回答ばかりが続く。

「習い事の帰り道で、いつも小径を通るので、そのときに…」という子がでてきた。

イメージが浮かぶ。

実際に実行している姿が浮かぶ。

ここまで具体的に行動を想定しないと、ほとんどがやらない。

別に、日常生活に生かすことが最大の目的ではないが…

そういう目標をもったからには、言いっ放しではもったいない。

「もし、実行したという人がいたら、教えて下さい」と最後に付け加えた。

 

【総合】

今度は、2年生への発表に向けて。

本番は明日。

今日は、通しでリハーサルを行った。

1班5分。

どの班も、完成度は高まっている。

それだけ練習を積んできたということだ。

 

最後のアドバイスをする。

それを吸収して、子どもたちの発表スキルを高める。

明日以降、振り返りが重要だ。

自分たちはどこを工夫したのか、そこを明確にできるかどうか。

様々な発表技術を振り返ることで、自分の力にしていく。

 

【給食】

「やる気のある子で準備をしなさい」

その指示で始める。

今日は麻婆豆腐か。

ウズラの卵も入っている。

いろいろと…

トラブルの卵にもなる。

 

【自問清掃】

子どもから、とある訴え。

それを聞く。

その後、別の件での指導。

その間、子どもたちは黙々と清掃。

 

【理科】

授業の1/3ほどを使って、2件の指導をする。

その間、子どもたちは自学。

理科は進められず。

前回の復習のみとなる。

 

【下校】

さようなら。

教室の掃除をする。

いつもの女子2人が手伝ってくれる。

 

【クラブ】

本日でクラブも最終回。

学年対抗で試合をする。

私も参加。

久しぶりに汗をかく。

 

 

2017年2月24日の成長日記

朝は4時前に起きる。

週末だが…

今週は週明けの方が疲れていた。

スロースターター?

今の方が調子がいい。

が、疲れはある。

 

ブログを更新。

「自分のクラスは、来年どうなるのか」

そのことを良く考える…

来年も担任であるならば変わらないが…

そればかりは分からない。

 

30分だけ、アマゾンプライムでのビデオを見る。

スラムダンク

三井寿がバスケ部に乗り込み、最後はバスケ部に復活する回。

安西先生の前で崩れ落ちて「バスケが…したいです…」と涙ながらに言うシーン。

もう何度見たことか…

それでも、毎回感動する。

バスケットへの情熱。

私は「教師が…したいです…」と言えるだろうか。

それくらいの情熱をもってやりたい。

それにしても、三井と木暮のやりとりもいい。

この二人の関係性、嫌いじゃない。

 

今日は7時頃に職場に着く。

最近は、家で朝の時間を過ごすことが多い。

教室へ。

週案を見ながら、来週の大まかな計画を立てる。

今日の構想を練る。

6送会の全体練習を初めて行う。

団長がどれだけリードできるか。

声は…そんなに心配はしてない。

問題は、隊形だ。

役割ごとにどう配置するか…

ぶっつけになると思う。

時間との勝負。

 

理科の教材準備をする。

理科室へ行くが…

よく分からない。

粘土を見つけた。

これならできそうだ。

 

【登校〜集会】

元気いっぱいの挨拶で入室してくるいつもの男子。

声がいい。

「元気な声であいさつ!」と子どもが言っている。

面白い。

 

今朝は集会。

縦割り班の引き継ぎ。

6年→5年へとバトンを渡した。

 

【音読】

班学での音読を行う。

いつものようにエネルギーが出ている。

 

【計算】

まずはあまりのあるわり算30問。

最初は10題ずつ行う。

最後の30問を一気に。

2分制限、商だけを書く。

19人が合格。

うち10人はあまりも書いての合格であった。

 

わり算100題。

最初は50題ずつに分けて行う。

1分制限。

最後に、100題を一気に2分で行う。

合格者は26人。

1分切りが8人。

1分台が18人であった。

まずは上位を引き上げる。

苦手な子も、1問でも多くできたことを実感できるようにする。

 

【漢字テスト50問】

今週の頭から「そろそろやるよ」と予告していた。

宿題でも、それに向けて練習をしていた。

 

早く終わった子から、図書館から借りている本のチェックをお願いした。

全部で45冊。

大変助かった。

 

【理科】

粘土の重さをはかる実験。

まずは重さを計測。

34gであった。

 

次に、その粘土を思いっきりつぶす。

あからさまにつぶす。

さて、重さはどうなるか…

変わるのか、変わらないのか…

両方の意見分布が見られる。

予想を書かせる。

全員発言。

そして、実際に計測してみると…

34g、変わらない。

 

すぐさま、次の実験。

そのつぶれた粘土を今度は…

引きちぎる。

さて、重さはどうなるか。

こちらも少数ながら、「変わる」という意見の子がいる。

さて、結果は…

34g、変わらない。

ここでタイムアップ。

 

【算数】

2桁×2桁のかけ算の工夫した計算。

私も、この方法は知らなかった。

4マスの図を使って計算。

子どもたちは、新しい方法にワクワク…

例題を終えると、何度も新たな問題に挑戦していた。

 

しばらくして、別の課題に移る。

初めて「難問」に取り組む。

5題の中から1題を選択。

簡単には解けないからこそ、挑戦心を煽る。

何度もくじけずに取り組んでくる。

体力問題もある。

地道に解いていけばできる問題。

思考系が多い中で、そういう問題もあるのはいい。

自分で問題を選択できることもいい。

休み時間が終わっても、続けていた。

隣のクラスの子は、昼休みに問題を持ってきた。

超惜しい!

それくらい熱中できる問題であった。

 

【体育】

体育館へ移動。

おそらく、これで最後の体育館での体育になる。

来週からは卒業式の特別時程になる。

もう、そんな時期か…

 

班学でボールを使った運動から始める。

まずは鳥かご。

1人が鬼になり、ボールを持っている子をタッチすれば交代。

しかし、ボールを持っている子は動けない。

周りの子が動く。

よく声を出して動いている。

 

次にコールパス。

相手の名前を呼んでからパス。

もらったら、すぐに他の子の名前を呼んでパス。

なるべくボールを持っている時間を少なくする。

 

最後にナンバリングパス。

1番から人数分のナンバーを個人に振り、その順番にパスを出す。

みんながバラバラと動きながら、自分が次に渡す人へパスをする。

 

そして、ポートボール。

初めて行う。

というよりも、私自身、教員になって初めて指導するかもしれない…

今日は班学の中でゲームを行った。

ルールがシンプルな分、盛り上がって取り組む。

ゴールマンに向かってのシュートを弧を描くように打つことで、DFの上を通るシュートとなる。

30分近く、ゲームの時間を行った。

たっぷり運動をして終えた。

 

【給食】

体育からの切り替えは速い。

今日は麺類。

配膳後、大量に余ったので、増やしの子にも大量に配膳。

最終的には、食管は綺麗になった。

 

【昼休み】

応援団長の練習。

ほとんど大丈夫。

 

【自問清掃】

 

【6送会練習】

学年での練習。

まずは隊形を決定する。

その後、声出し。

いい。

この子たちは、声が出る。

元気のある3年生。

ポーズも決める。

最後に通してリハーサル。

8割方大丈夫だろう。

細部にこだわれば…もっとできるけど…

これでいい。

思いは伝わる。

 

【総合】

2年生への発表練習。

今日はリハ無しで、すべての時間を練習に充てた。

途中、いろいろとあり、個別指導。

発表とは関係のない指導もあった。

 

【下校】

さようなら。

今日のおみくじで、「ダジャレ券」を引いた。

私が5連発でダジャレを言う。

 

教室の掃除。

ある男子が進んで掃除をしていた。

私が掃除を終えても、まだしていた。

「そろそろ帰ろう」と言って、やっと終わりにしたくらい。

おかげで教室が綺麗になった。

 

 

 

 

2017年2月23日の成長日記

昨夜も21時頃には就寝。

今朝は3時過ぎに起きる。

今日、地域の方に向けて学校の取り組みを報告する会が放課後にある。

そこで、体育の報告について担当することになっている。

体育主任の先生の代行なので、大方の台本はあるのだが…

自分なりにアレンジしてみる。

その原稿を作成した。

ブログも更新する。

「一流」について。

 

今日はどうやら雨予報のようだ。

天気予報を見ると、午前中が雨…?

出勤時間帯に雨が降るのが一番憂鬱だ。

寒いし、冷たい。

自転車が嫌になる。

それでも、自転車の方が時間が短縮できるので、頑張るが…。

 

今日、やっと自己申告の面接が控えている。

本来ならば、先週に行うはずであったが…

いろいろとあり、今日まで延期。

授業も先週行っているが…

こんなに間のあいた授業への講評はどうなんだろう。

みんな熱が冷めているだろう。

やはり当日、遅くとも翌日までにはフィードバックをもらいたい。

そのために、予定を組んだのだが…

 

出勤。

6:45に到着。

まだ雨は降ってはいなかったが、いつ降ってもおかしくはない天気。

英語担当として、いろいろと事務仕事を行う。

その後、朝のスポーツタイムに向けてライン引き…

今日、できるのか?

曖昧なまま準備を開始したが…

「中止」の判断。

今日はなし。

朝は、たっぷりと時間が使えそうである。

 

今日も看護当番。

正門付近であいさつを行う。

 

【登校〜朝の時間】

雨が降ってきたので、8:00には入室。

3人の子が入室したところで、あいさつ当番に向かう。

正門付近であいさつ。

うーん…

半分くらいの子はあいさつが返ってこない。

素通り…

不思議だ。

目を見てあいさつしているのだが…

もちろん、自分のクラスや学年の子がそうではない…

知っている先生にだけあいさつをするものなのだろうか…

 

8:10になったので、教室に戻る。

ここではいいあいさつが返ってくる。

気持ちがいい。

 

班学を行う。

5分間、各自でやらせた。

3つ以上のメニューをこなすということを伝える。

隙間の時間はなくなっている。

前回よりもテンポよく進んでいた。

 

その後、何のメニューを行ったかを発表させる。

多い班で6つ。

その後、さらに5分間続けさせた。

最後に全員で音読。

エネルギー全開だった。

 

【図工】

子どもたちを図工室へ送り出す。

その後、自己申告の面接。

まずは授業の話であった。

 

学習にはスキルがある。

スキルとは、知識・技能、思考・判断・表現が含まれる。

また、スキルといえば、「書く力」「読む力」「計算する力」「話す力」「考えることができる力」などを言う。

私の前回の授業では、「考えること」がない授業であったとのこと。

他の要素は十分にできているが…

思考がない。

そういう点で、バランスの悪い授業ということ。

 

また、このバランスは大切で、次年度に担任が変わった時に、そのバランスが悪いと子どもたちが路頭に迷ってしまうということ。

このところは、少々理解が難しかった。

1時間の授業だけを見た話なので…ということが前提に話があったが…

前回の授業で思考系の時間がなかったのは確か。

いろいろと思うことはあるが、それも大切。

長に意に従っていくということが大切なのも、わかる。

ここは組織だ。

かといって、特に反発しようとは思っていない。

いろいろと恩を感じることもある。

価値観や考えは人それぞれだから…

うまくやっていくことも大切。

 

法則化の話にもなった。

以前はたくさんの本を読んで学んでいた。

今でも読む。

こういう話ができるのも、今の長だからこそだ。

 

今年異動しての感想を聞かれた。

何も隠さずに正直に話をした。

いろいろな思いがあったが…

今は大丈夫。

自分自身、強くなれたと思う。

そういう意味で、今年一年は成長だった。

 

自己申告の面接終了。

授業が終わるまで、残りは20分。

結構な時間話をしていた。

教室に戻って、振り返りをする。

 

【中休み】

雨はいつの間にか上がっている。

外遊びが基本だが…

今は、6年生へのプレゼント作りが行われている。

もう大体出来上がってきているが、あと数人が仕上がっていないようだ。

 

【国語】

おにたのぼうしを音読する。

まずは1、2場面を通して。

その後、3場面の音読。

途中、「ふぅっ」というため息が出てくる。

ここを読む。

どんな読み方になるか。

そこには、心情が現れる。

安心という意見が出た。

安心とは、何に対する安心なのか。

自分自身がついた嘘がばれなかった安心。

お母さんがぐっすりと眠ってくれた安心。

それを表現する。

 

【理科】

昨日の実験では、十分に物の重さをはかることができなかった。

そこで、今日は時間をとって身の回りの物の重さをはかる活動とした。

 

【総合】

10分間の練習時間のあと、3分間ずつリハーサル。

今日は、ひと班ごとにリハが終わったら、他の子に感想を言わせた。

もちろん、そこでいうのは「良い点」のみ。

改善点については…私から。

だが、この段階まできたら、あまり言わない。

6つの班のリハが全て終わった時に、ちょうどチャイムが鳴る。

 

【給食】

準備の時間に、応援団の指導をする。

三三七拍子の振り付け。

子どもが考えたものをアレンジして提示してみる。

かっこよさを追求。

 

今日は豚丼

私はいつものように一気に食べ終える。

その後、「ごちそうさま」までの間、応援団の構想を練る。

どうやって登場しようか…

隊形は…

主役は6年生なので、そんなに凝ることもない。

だが、6年生にとっては最初で最後の送られる側。

私も6年担任をして初めてそれが分かる。

いつもは送る側としての出し物だったが…

送られる側に立つと、どの学年の出し物どれもが素敵に思える。

だったら、より印象に残るものにしたい。

 

片付け。

特に指示をしなくとも、昼学に入る。

が、今週で三度の注意を受ける男児がいる。

片付けを終えても…何もしない。

遊んでいる。

 

【昼休み】

応援団長練習。

だいぶさまになってきた。

明日はリハーサル。

楽しみだ。

 

【算数】

三年のまとめを行う。

まとめなので、大問ごとに終わった子から持って来させる。

途中、多くの子がつまずくところでは、ヒントを出す。

それ以外は自力で解決。

間違っても、何度も挑戦してくる子どもたち。

だからこそ、正解した時の喜びも大きい。

予定していたところまで終えた。

 

【下校】

今日は、このあとに報告会がある。

私も報告をする。

原稿を読むだけだが…

子どもたちを即下校させる。

 

【報告会】

滞りなく終える。

 

報告会の後、校長に呼ばれた。

校長室へいくと、先ほどの面接で話したことについての資料をくれた。

どうやら調べてくれたらしい。

今、私が学んでいる方のこと。

理解を示してくれたというか…

共感してくれたことが非常に嬉しかった。

 

 

 

 

2017年2月22日の成長日記

最近は、夜早く寝て、朝早く起きる。

時間帯もだいたい定まってきた。

いい感じ。

 

学校に着いてから、教室で過ごす。

いろいろと構想を練る。

体育…

やろうとしていたことがパーに。

今日は、体育館であった。

 

【登校】

今日は看護当番。

正門付近で挨拶をする。

クラスの子にも何人か会う。

私の持っている新プリントに興味を示す子も…

 

教室に行くと、すでに多くの子が登校していた。

力強く挨拶。

それ以上の挨拶が返ってくる。

 

【計算タイム】

今日から、新たなプリントを導入。

わり算100問。

今までのわり算では、ほとんどの子が1問1秒もかからずに計算できる…

が、問題が変わるとそうもいかない。

急にできなくなる。

今日は…17人が1問1秒ペース、つまり100秒で合格した。

うち、1分を切った子は7人。

この子たちの力は本物だ。

問題が変わろうと、関係ない。

そのほかに、あまりのあるわり算30問も行った。

これは相変わらず…

商だけ書くことにしている。

早い子には、あまりも書くように言っているが…

5人くらいだろう。

今日は19人が合格した。

クラスの半分。

まだまだこれから。

 

【音読】

班学での詩の音読。

ひと班学での詩の音読。

ペースはいい。

 

その後、「おにたのぼうし」を音読。

今日は2場面。

追い読みから入る。

その後、隣の子と交代読み。

一人読み。

最後に、つっかえずにどこまで読めるかチャレンジをした。

 

漢字ドリル高速読み。

読みを鍛える。

いい教材があった。

とにかく読む、読む、読む。

読みがわからない場合は、答えを見る。

とにかく読む。

 

【総合】

2年生に向けて発表の練習。

10分の準備時間をとり、ひと班ごとに3分間のリハーサル。

それぞれにアドバイス等を入れていく。

今の段階では、まだまだ工夫の余地がある。

厳しいことも言うが、それで新たな視点が生まれる。

こちらの計画性が甘く、時間がないので、結構強引な手法だ…

だんだんとこちらの指導は減らしていく。

子どもたちの思うように発表させる。

が、今はまだまだ突っ込む。

 

理科の発表グループでは、いきなりクイズから入った。

導入はいい。

が、理科って何?と思う。

長々した説明はいらないが、そこは触れておきたい。

 

社会も同様。

社会科見学…と急に言われても、何のこっちゃ。

2年生のことが頭に入っていない。

相手意識が抜けている。

これはいい機会だ。

 

【体育】

跳び箱。

開脚跳び、台上前転を行う。

新たに、抱え込み跳びもやる。

が、これは全員には強制せず。

3つの技をどれでもできるように場を設定して、自分で場を選んで行う。

 

片付けの際、気になることを目にする。

以前からずっと思っていたことだが…

布石を打つべき時期だろう。

 

教室に戻り、話をする。

「友達」について。

友達は、一緒にいることでお互いに高め合うことができる。

が、一方で、友達と一緒にいることで悪い方向へいってしまう関係もある。

我がクラスには、そういった雰囲気はないが…

まずは大前提の話をする。

 

ここで気になること。

一緒にいることで、本来あるべき力をきちんと発揮できていない子たちがいる。

一緒にいることを何よりも優先して、やるべきことが後回しになる。

とにかく一緒にいたいから…

その思いを優先させると、いろいろと弊害が出てくる。

授業中は、別だ。

仲がいい子同士だけで学習しているのではない。

これが高学年になると…

いろいろと厄介な問題になってくる。

だからこそ、今、布石を打つ。

 

【総合】

再び準備時間をとった。

各班に1分間のリハーサルをしてもらう。

ここでは…

基本的に褒める。

先ほどのリハでの改善点をきちっと修正してきている。

いい感じだ。

発表で使うものについても、本番用のものを作らせる。

練習期間はあと3日。

本腰が入ってきた。

 

【給食】

野菜カレー。

昨日の晩御飯、カレーだった子が多い。

偶然だろうか…それとも?笑

 

片付け後は昼学。

だが、何も手をつけていない者がいる。

言っても変わらず…

怠けている。

呼び出すが…

すぐには来ない。

その後、ビシッと指導する。

 

昼学の時間、ある子と一緒に勉強をする。

なんこれ2に手こずっている子。

この子は、なんこれ1は2分を切って解くことができる。

では、なぜ問題配列が変わっただけで、全く進まなくなるのか…。

原因を突き止めたかった。

なんこれ1のプリントを使って、こちらが指定した問題をさせた。

多少時間はかかるが…

できる。

ということは、確実に力はついてきている。

が、問題配列が変わることで、気持ちで圧倒されている可能性もある。

まずは、なんこれ1のプリントでバラバラに練習してみることを勧める。

果たしてどうなるか。

 

【昼休み】

応援団指導。

役割を分担した。

その後、2回通す。

だいたいできている。

細かいところは明日以降。

まずは、セリフと流れを覚える。

 

5時間目が始まった最初の3分間で教室の掃除をする。

プリントを配る子もいる。

各々が、クラスのために動く。

 

【理科】

重さの勉強に入る。

身の回りの道具の重さ比べをした。

まずは予想を立てさせる。

その後、電子ばかりで測る。

 

【下校】

さようなら。

この後、職員会議。

少しの時間で教室の掃除をする。

 

 

2017年2月21日の成長日記

昨日はだいぶ気持ちが上がらない朝だったが…

今朝は、いい調子だ。

気持ちはまずまず。

朝は5時前に起きる。

ブログを更新して、家を出る。

 

学校に着いてから、いろいろと構想を練る。

今日から、6送会の個別練習が始まる。

出し物のテーマは「応援団」だ。

過去に一度しか応援団指導はしたことがないが…

イメージはある。

大きく違うのは、相手が3年生ということ。

3年生に「応援団」指導をするのは、初めてだ…。

学年は関係ないというが…

どこまでできるか。

 

【登校】

8:10には職員室にいた。

教室に行くと、子どもたちがいる。

力を入れて挨拶をする。

元気な挨拶が返ってくる。

今朝は、学級で遊ぶ時間。

そのあと、オリパラ授業がある。

黒板に指示を書いておく。

 

8:25、学級で遊ぶ時間となった。

今日は「ものまねゲーム」をするようだ。

一人が前に出て、ものまねをする。

それを当てるという、いたってシンプルなゲーム。

シンプルだからこそ、楽しい。

子どもが考えることは、面白い。

なかなか盛り上がる。

旬なネタも盛り沢山。

途中、興奮が止まない子もいる。

周りの対応が優しすぎる。

素晴らしいなぁ…。

 

【オリパラ特別授業】

今日は、3度のオリンピックに出場したある選手を講師として、全校に向けての特別授業が開かれた。

いろいろな関係があって、その方はよく知っていたが…

見たのは初めて。

で、でかい…。

体格が一回りも二回りも違う。

まずは、オリンピアンとしてのお話があった。

大切なのは…

継続すること。

そして、実行すること。

それがあるから夢が叶う。

当たり前のことを一生懸命にやる大切さを話された。

心を打つ言葉。

響いた。

 

その後、実技を見せていただく。

練習風景…

半端ではない。

トップアスリートのレベルを見た。

子どもも教員も大興奮。

なんだ…これは…。

こういう世界があるのか。

超一流を知るというのは、大変刺激になる。

今日の特別授業を受けて、「何か」が変わった子はいるのではないだろうか。

それほどに影響力があった。

 

【6送会に向けて】

役割を決めた。

応援団長、そして太鼓やチア。

本気でできる子に立候補させる。

さすが…

団長には10人以上が立候補。

先に条件を伝えたが…

物ともせず。

ここから3人に絞る。

一人一人に声を出させる。

「フレーフレー先生」

「素敵素敵先生」

完全なやらせである。

「ステーキステーキ先生」に聞こえる。

私はそんなに美味しくない。

立候補者全員が団長になれるほどの声は出ている。

決められない。

が、特に飛び抜けている子二人を選出する。

最後の1人は、選抜。

他の役割も無事に決まった。

 

【総合】

残り15分、班ごとに総合にむけての練習。

最後に、ひと班ごとに30秒で発表の導入をしてもらう。

いいところは褒め、アドバイスもする。

だんだんとよくなってくる。

 

【音楽】

音楽室へ送る。

最初、音楽が流れた。

聞いたことのある曲…

あ、昨年度の卒業式で6年が歌ったものだ。

いろいろと蘇ってくる。

1年前か…

懐かしい。

 

【給食】

子どもたちは音楽室から、まだ戻ってこない。

私一人で準備を始める。

子どもたち自身で準備させることも大切だが…

今は、時間を生み出すことを優先する。

子どもたちが戻ってきた時には、スープ系はほとんど配膳終了。

配膳台にずらっと並んだお椀を見て、驚いていた。

それに触発されたか、子どもたちの配膳スピードもいつになく速い。

やはり、トップレベルを知ることはいいことだ。

それを知らないと…

「今が最高」と思いこむ。

教師自身がいかにトップレベルをイメージできるかも大切。

それを知らないと…

子どもたちを伸ばすことができない。

「今のままでいい」と思ってしまう。

 

片付け。

ほとんどの子は時間内に食べ終わる。

すぐに昼学が始まる。

読書、計算系が多い。

中には、ずっとふざけている者もいる。

が、隣の子は流されない。

そういう強さが出てきた。

ふざけている子は…

気づかないようなので指導する。

「これでは差が開く一方だ。どこで差を埋めるんだ」

 

今日は片付けも非常に早かった。

3人が少し食べ終えるのが遅かったが…

それ以外は、すぐに昼学に取り掛かる。

10分弱の時間を取れた。

 

【昼休み】

応援団長の練習がある。

各クラスでの選抜組が集まる。

声は…

さすが、選抜組だけあって、いい。

問題ない。

ただ、1名、恥ずかしさが残る子がいる。

恥は捨てなければ…

姿勢について指導する。

飲み込みが速い。

続きは明日に行う。

 

【音読】

朝、できなかったので…

班学で音読を行う。

その後、ひと班学。

今日は4班から行う。

順番が変わっても…

できる。

もう詩はインプットされている。

力強いアウトプットもできる。

無問題。

 

【漢字テスト】

新出漢字5文字。

これで最後となる。

次回からは…

予定を変更して50問に取り掛かる。

だらっとした雰囲気をなくす。

 

【計算】

なんこれ2。

2分台が2人。

1分台が20人。

1分切りが9人であった。

 

10マス計算。

10−の計算を45秒制限。

1回目。

40秒台が3人。

30秒台が4人。

20秒台が16人。

10秒台が10人。

33人合格。

 

2回目。

40秒台が1人。

30秒台が7人。

20秒台が13人。

10秒台が10人。

31人合格。

 

1回目と2回目の間に11−を挟んだ。

最初は10人が合格。

2回目は12人が合格。

10から11…

1変わるだけで、こんなにも違う。

回路ができていない。

まだまだ…

 

【総合】

残り5分間、総合の練習の時間とした。

チャイムが鳴っても…

続けている。

トイレに行くように声をかけたから、いいか。

 

【算数】

を使った式のテストを行う。

その時間内に採点をしたが…

ボロボロ。

100点満点は4人いた。

50点以下もたくさんいた。

再テストをすることを伝える。

理解が深まっていない。

また、「答え方」ができていない。

それを指導した上で、もう一度行うことにした…

 

【下校】

さようなら。

教室の掃除をする。

今日は掃除はなかったが…

給食後に私含め、何人かで掃除をしたためか、そんなに汚れてはいなかった。

算数の再テスト用の印刷をする。

研究のまとめをしようとしたが…

隣のクラスの先生がほとんど作成してくれていた。

感謝。

来年度入学してくる幼稚園に連絡をしないといけない。

6年担任の時、中学とは連絡をとったが…

幼稚園は初めてだ…

 

2017年2月20日の成長日記

気持ちが乗ってこない。

朝は4時前に起きるものの…

何もする気が起きない。

 

職場にも6時半には着いたが…

何もする気が起きない。

スイッチが入らない。

疲れているのだろうか。

月曜疲れ…

自分のコンディションは、学級、子どもたちに波及する。

今の自分としては、決していいことではない。

切り替えなければ…

 

【登校】

1番手は…

いつもの男子。

ドアをそーっと開けてきた。

なかなかの強者。笑

声はなかなかのエネルギー。

こちらも元気が出てくる。

次々に入室してくるが…

一番手の彼に勝るものはなかなかいなかった。

 

【読み聞かせ】

保護者による読み聞かせ。

とても真剣に話に聞き入っていた。

読み聞かせの回数も、残りすくない…

貴重な時間。

 

【班学】

班ごとに行う。

·         あいさつ

·         音読

·         返事

そのあとは、各々の班で班学。

リズム漢字、計算プリント、教科書音読、群読、漢字高速読み…

それぞれが取り組む。

途中でやめさせる。

隙間時間を作っている。

指導を入れる。

もう一度、班学を行う。

先ほどよりよくなった。

 

ひと班学で音読。

スピードも出てきた。

黒板に班ごとに評定を書いていく。

 

【一文解釈】

初めて取り組む。

国語「おにたのぼうし」の題名だけを読む。

それについて指名なしで発言。

「おにが出てくる話だと思います」

口火を切ったのは、代表委員の男子。

ここから次々と発言していく。

初めてにしては、よくできているのではないだろうか。

指名なし発言は、慣れたもの。

子どもの思考がより深まっていく。

 

【あまりのあるわり算】

10問ずつ行う。

書くのは商だけ…

近い九九を見つける…

商が被除数より大きくなってもいいので、まずは近い数を瞬時に出てくるようにしないといけない。

トップは、瞬間で出てくるようになってきた。

中間層は…まだまだ時間がかかる。

もう一歩…というレベルでもない。

とにかく同じ問題を続けていく。

それ以外にも手立ては必要だろう。

 

【算数】

を使った式。

今日が最後。

3人1組の班を作る。

3人の中で1、2、3と順番を決める。

その順に、問題の答えを板書していく。

問題の答えを書きにくる前に、必ず班の中で答えを統一させてくる。

もし違っていた場合は、話し合い。

そのようにして、力試しの問題を解いていく。

 

初めての試みではあるが…

「自分たちの力で問題を解ききった」という思いが強かったようだ。

最後の問題は、全班全員が苦戦した。

何度も挑戦してきた。

最後は全班がクリア。

図を書いたことで、一気に突破できた。

図は、大切だ。

思考のツール。

 

【国語】

おにたのぼうしを範読。

初発の感想を書く。

その後、全員発言。

「発表の仕方」について指導していく。

だんだんと良くなる。

発言中、机や椅子には触らない。

発言を終えるまでは、椅子に手をかけない。

言い切ってから、椅子をひく。

だんだんと堂々とした発言になってくる。

 

【総合】

2年生に発表するための準備や練習。

10分ほど経ったあと、やりたい班に発表させる。

まだまだ未完成だが…

この段階から指導を入れていく。

 

発表技術に気付かせる。

発表技術を教える。

どのように導入するか。

「これから〜の発表を始めます。気をつけ、礼」

こういうのもいい。

オーソドックスではある。

が、無駄な時間。

発表時間は限られている。

挨拶だけで30秒も時間を使ってはもったいない。

すぐに始める。

 

「算数では、そろばんをします」

こういう提示の仕方も普通。

普通だが、何にも惹かれない。

まずは「そろばん」だけを見せる。

しかも教師用のでかいものだ。

それだけで食いつく。

例えば、クイズ形式にする。

導入での提示を変える。

相手は2年生、飽きさせてはいけない。

これは、授業技術と同じこと。

もしかしたら…

3年生相手にレベルの高いことを教えているのかもしれない。

「今日の算数は、〜を始めます。前回は〜をしましたね」

教師でさえ、こういう始め方をする。

別にこれがいけないと言っているのではない。

しかし、これでは、何も惹きつけられない。

授業でも発表でも、導入が大切。

まずは、ここに全力をかける。

それを教えていく。

だんだんとレベルが上がってきた。

1つの班を全体の場で指導するというのは、つまりは全ての班に指導しているのと一緒だ。

 

【なんこれ2】

時間が4分ほどあったので、なんこれ2を行う。

2分20秒で行う。

2分台はなし。

1分台は19人。

1分切りは9人。

次点は、残り2問というところ。

ここでチャイムが鳴る。

 

【給食】

今日から、教室での給食。

先週のランチルームでの給食では、だいぶ子どもたちは力をつけた。

今週は、その力をきちんと発揮する。

準備は…

非常に良い。

スピードはまあまあだが、何よりも静かだ。

集中している。

 

会食はいつもと同様に15分間。

先週末に注意された子が…全く箸を進めずにしゃべり続けている。

15分経ったにもかかわらず、半分も食べていない。

ごちそうさま。

終わった子から昼学。

読書が多い。

が、何もしていない子が結構いる。

喋っている子もいる。

空気が抜けている。

何も考えていない。

こういうところで差は開く。

声をかける。

 

【自問清掃】

先週、ビシッと指導してしまった。

今週は…

出だしが早い。

1人…2人…と昼休みが終わった瞬間から掃除に取り組む。

今日、2つのことを個人的にアドバイスした。

1つは、教室のゴミがたまるポイント。

もう1つは、ゴミが動く瞬間。

本来ならば、そういったことも自問清掃の中で気づいていくべきなのだろう。

が、残された時間を考えると、理想だけを語ってはいられない。

必要最低限のことは伝えていく。

掃除の「仕上げ」についても話した。

ここで大きく差がつく。

 

【理科】

テストを行う。

終わった子から、持ってきて採点。

時間内に全員終える。

 

【なんこれ2】

最後の余った時間で行う。

本日2回目。

2分台は2人。

1分台は17人。

1分切りは12人。

3人合格者が増えた。

 

【下校】

さようなら。

このあと、クラブ活動。

バスケット。

なんだか軽い頭痛がする。

疲れだろうか…

朝から落ちていた気持ちは、子どもたちによって引き上げられたが…

やはり体調が快調ではないようだ。