Mr.モーニングの成長日記

毎日の学校での出来事を中心に綴っていきます。

2018年1月18日「疲労感たっぷりの木曜日」

4時過ぎ起床。
今日もよく眠れた。
しかし週末に近づき、体の疲れもピークに…
 
出勤。
5時半過ぎに到着。
今朝は、アドラーを聞きながら。
だいぶ“知識”がインプットされてきた。
 
教室へ。
今日の構想を練る。
新たなフラッシュカード作成。
四字熟語だ。
ここに凝り始めると、時間が足りないので、10枚近く作って一旦終える。
続きは、また後日。
 
読書。
雑誌を読む。
この時間の読書は、いい。
落ち着いて読める。
 
【短縄】
うちのクラスを見ながらも…
あるクラスに目をやる。
なるほど…
声をかけようか迷ったが…
やめた。
 
【国語】
短縄が早めに終わったので、授業も5分早く始める。
 
・フラッシュカード
今日は4種類のカードを提示。
ある意味、試験的である。
新たなカードもあったため、リズムは崩れたか。
しかし、それも想定内。
どこかでインプットの期間を作る必要もあるのだ。
 
・漢文音
「温故知新」との関連。
故きを温めて、新しきを知る。
漢文と四字熟語がつながる。
 
・新出漢字
今日も5文字を学習。
指書きで覚える。
6年の漢字も、残り3文字となる。
 
・高速読み
かなり早くなった。
当たり前のレベルを上げていく。
 
・漢字視写
3分間制限。
10題を視写する。
視写は短期記憶が必要になる。
パッと問題をみて、それを一時記憶してから、アウトプット。
ここが弱いと、一文字一文字を見て書くようになる。
鍛えられれば、パッと見ただけで数文字インプットできる。
もちろん、漢字を覚えていることが前提となる。
 
・部首
新出漢字の「閉」を扱う。
部首は「門(もんがまえ)」である。
この部首がつく漢字を書き出す。
門・開・間・閣・関・聞・闘・問
これらが挙がった。
さて、これらは全て「もんがまえ」かどうか。
実は、「聞」と「問」は違う。
それぞれ「耳」と「口」が部首になる。
それらを伝えたところで、これらの漢字を使った熟語を書き出す。
 
2回戦行う。
上位リーグは早い。
常に1部に居続ける子がいる。
負け知らず。
 
・説明文
一文解釈で進める。
 
・リズム漢字
スピート読みも入れる。
 
【琵琶体験】
講師の方を招いて、琵琶について学ぶ。
貴重な体験。
 
【算数】
・オリンピック計算
五輪を使って、計算問題。
なかなかの熱中。
一人…また一人と突破してくる。
10分間集中。
 
・なんこれ
上位のスピードが上がってきた。
昨日あと一歩で1分を切りそうだった子は…
1分3秒。
惜しい!
 
・10マス計算
チーム戦で行う。
まずはかけ算から。
次にダブル計算。
ここで終えるつもりが、アンコールがかかり、最後は足し算。
これが一番苦戦していた。笑
どれも低学年で学習する内容だが…
突き詰めれば、6年生でも盛り上がる。
 
・練習問題
東京ドームの面積。
缶ジュースの体積。
それぞれの単位を考える。
 
・教科書問題
力試しを行う。
 
【体育】
・大きな開脚跳び
・大きな台上前転
・首はね跳び
 
それぞれに分かれて、行う。
 
【給食】
少し疲れた。
気持ちを落ち着かせる。
クールダウン。
 
【掃除】
 
【英語】
ミニ劇の発表会。
 
【手紙】
琵琶体験の講師の方にお礼の手紙を書く。
 
【理科】
地層について。
実際に礫岩、砂岩、泥岩を見て、気づきを発表。
実物があると、やはりいい。
 
【下校】
校務分掌の仕事を行う。
英語について。
 
17時に退勤。
今日も疲れた。
 
 
 

2018年1月17日「濃密度学習」

4時に起きる。
昨日は21時過ぎに就寝。
たっぷり眠れた。
疲れはあるが…
頑張り時だ。
 
今日から学校公開。
と言っても、何も変わらないが。
普段通りに授業をするだけだ。
 
5時半過ぎに学校に到着する。
教室へ。
今日の構想を練る。
朝は計算タイムがある。
一応15分間だが…
そのまま1校時に突入しよう。
時間の区切りをなくす。
 
1校時は国語。
2校時は音楽なので、終わりの時間はきっちりと。
最近は、1校時〜2校時とノンストップで進むことがある。
ユニットだからこそ、できるのだろう。
 
【計算タイム】
なんこれから始める。
まずは、「読み」から入る。
トップで43秒。
そこで終わり。
なかなか慣れないのか、スピートに乗れない。
言葉にすると、つっかえる子続出。
 
続いて「書き」へ。
いつも通り。
1分切りが3人。
いつものメンバーだ。
1分台が15人。
あともう少しで1分の壁を越える子がいる。
2分台は1人。
昨日よりも20秒伸びた。
「読み」が効いている。
 
あまりのあるわり算。
10問を3セット。
10秒制限。
今はまだ「商」だけを書く。
1から10番は、16人が突破。
11から20番になると4人。
一気に下がる。
この4人は、21から30番も突破。
 
最後に30秒とる。
できなかった問題を解く。
終わった子は31番から先を行う。
トップの子は60番まで行った。
 
10マス計算。
ここからはグループ戦になる。
まずはかけ算。
熱狂!
協力が不可欠。
どの班も、作戦が練られている。
 
続いて10ー⬜︎の計算。
こちらも大熱狂。
 
最後は、ダブル計算リレー。
かけ算と引き算の2枚を同時に回していく。
かけ算をやったあとに、引き算、そしてまたかけ算。
切り替えも必要だ。
この時間に閃いたアイデアだが…
これはいい。
5班中、4班が同タイム。
これもまた盛り上がった。
 
【国語】
そのまま突入。
・フラッシュカード
今日は3種類用意した。
①輪郭漢字
②魚
③国名
計算タイムからのリズムが生きている。
勢いがある。
「鋏」は、なかなか読めないが…
輪郭があるから読めるのだ。
国名もだいぶ定着してきた。
毎日行うことに意味がある。
 
・新出漢字
5文字行う。
隙間の時間をなくしていく。
終わった子から、ドリルの文章読みに入る。
 
・高速読み
10問を2セット。
新出漢字だが、もうスラスラと読めてきた。
 
・部首
今日取り上げた漢字は「冊」である。
部首は「けいがまえ」だ。(「どうがまえ」とも言う)
この字がある漢字をブレスト。
一番多くかけた子から板書。
さらに書ける子が板書。
一通り出し切る。
「円・内・再・冊」がそうだ。
他にもたくさん出てきた。
「同」は部首が「口」、「肉」はそのまま部首となることを伝える。
 
・50問チャレンジ
最近は1日おきで実施している。
4分制限。
17人がクリア。
あと数人は、まだ漢字が瞬間ででてこない。
その漢字だけを練習すればいい。
早く終えた子は、熟語を書く。
26個。
今のところのベスト記録だ。
 
・漢文音
3つの漢文を読む。
自然と暗唱できるようになっている。
 
黄色札を2回戦。
読みのスピードはかなり早くしている。
高速。
それでも、だいぶ上の句で取れるようになってきた。
 
・説明文
音読→指名なし発言の流れで行う。
 
・リズム漢字
6年生の全漢字。
今日は5つだけ取りあげる。
 
ここでタイムアップ。
かなり濃度が高い授業だった。
 
【音楽】
空き時間。
事務ワーク。
宿題チェック。
 
【算数】
「2 9 8 1」の数字を板書。
この4つを使って、10を作る。
10パズルだ。
続々と正解者が出てくる。
(2×9−8)×1
これが正解。
板書した時に「あぁー!!」と声が漏れる。
 
「3 7 4 7」を板書。
こちらの方が、少し難しい。
それでも突破してくる。
半数も正解者はいなかったか…。
3×7−4−7
これが正解。
またもや「あぁー!!」と解けなかった子から声が上がった。
 
単位換算。
長さ、重さ、体積、面積をそれぞれ出す。
メートル法」という用語を教える。
そのあとは、練習問題。
①学校からスカイツリーまでの距離
②学校から関門橋までの距離
③机の面積
など、数だけを提示して、単位を考えさせる。
量感をつかませる。
合計7問出題。
その後、単位換算も行う。
 
新たな単位。
メガ、テラなどの大きな数の単位を教える。
クイズ形式で盛り上がる。
同様に、小さい単位も教える。
 
最後はノートまとめ。
「最近、ノートまとめが楽しい」と言う子がいる。
板書を写すのではない。
授業を振り返って、自身の言葉や図で学習内容をまとめていく。
もちろん、板書を写してもいい。
教科書を参考にしてもいい。
それぞれの課題に合ったステップを提示する。
 
【社会】
税金について。
税金の種類をブレスト。
意図的に、左右に2箇所に分けて書く。
国税」と「地方税」という言葉を教える。
 
これらの税金は何に使われているか。
・学校
・図書館
・病院
・役所
・道路
・ゴミ処理場 など
一言で言えば「公共施設」だ。
 
ここからがメインの発問。
「もし税金がなかったら、どうなりますか?」
箇条書きで書かせる。
はじめにある意見を取り上げる。
・税金を払わなくていいので、その分、お金が貯まります
この意見に関連する意見を発言させる。
税金がなくなって考えらえるメリットに関する発言が続く。
「税金がなくなると、いいことだらけですね」
「まるで夢の世界だ」
「ぜひとも、税金をなくしましょう」
もちろん、煽りの言葉だ。笑
「我が先に!」という子が続出。
反論意見が出てくる。
・学校がなくなって、勉強ができない
・教科書を自分たちで買うようになり、お金がかかる
・病院の診療費もかかるので、簡単に行けなくなる
・警察がなくなって、犯罪が増える
・道路が壊れても、そのままになる
・信号が動かなくなり、事故が増える
などなど、多くの意見が出た。
 
ここで小学生1人あたりに1年間で使われる税金がいくらかを予想させる。
正解は約85万円。
思った以上の額だ。
 
最後に教科書を読み、ノートまとめ。
時間が5分あったので、ことわざカルタを行う。
7人を3グループ。
こちらも熱狂。
「何が木から落ちる?」
「サル!」
「何からでたさび?」
「み!!」
このように行う。
ことわざを知っている方がもちろん有利だが…
なかなかいい勝負をする。
 
タイムアップ。
それぞれのグループでトップだった子を紹介。
本日の授業終了。
 
【給食】
 
【下校】
教室の掃除をする。
 
ここから研究会があるのだが…
娘が高熱のため、看護休暇で帰宅。
 
帰宅したら、昼寝をしていた。
ちょうど、妻が家を出たかったところだったので、よかった。
娘と二人で留守番。
しばらくしたら、起きてきた。
元気そうだが…
38度超え。
早く良くなるといい。
 
 
 
 
 

2018年1月16日「ちょっと疲れが出ている朝」

昨夜は帰宅が遅かった。
22時帰宅、23時就寝。
今朝は4時半に起きる。
 
家で諸々の準備をした後、出勤。
5時50分に学校に到着。
いつもよりも遅いが、仕方ない。
先週もそうだったが、週明け2日目、3日目が特に疲れを感じる。
今日もそうだ。
教材研究をしつつも、集中がところどころ切れる。
別の活動を間に挟みながら、進める。
 
【発育測定】
朝の時間を使って行う。
 
【国語】
・フラッシュカード
昨日提示したものを9割。
リズムがつかめる。
やはり、既習事項を多めに提示することは大切だ。
「国名」を漢字で示すだけでも、難易度がある。
それで十分ひきつけられるのだ。
 
・新出漢字
5つ行う。
 
・高速読み
2セット行う。
追い読みからの、一人読み。
 
・部首
「皇」の部首は「白」である。
「白」を使った漢字をとにかく出す。
ブレスト発言。
白・線・百・柏・伯・階・宿・的・皆・泉・習・楽・綿
だいぶ出てきた。
ここからさらに突っ込む。
「白という部首を使った漢字はどれですか?」
クイズ感覚ではあるが、楽しい。
「全部で4つあります」
数を限定することで、思考に火がつく。
正解は「百・的・皆・白」である。
「他にも皓や皐などがあります」
予備知識も伝える。
これで1セットの授業だ。
 
・漢文音
リズムが出てきた。
いい漢字。
 
黄色札を3回戦行う。
 
・短歌作り
5分で作る。
その後、発表会。
楽しい時間。
 
【算数】
ノーレストで、続ける。
・なんこれ
1分切りが3人。
1分台が11人。
2分台が2人。
今日、初めて2分台に突入した子がでてきた。
同じ班の子も、最後は応援していた。
 
・あまりのあるわり算
商だけを出す。
10問を3セット。
 
・面積の単位換算
長さをもとに考える。
1辺が10倍すると、面積は100倍になる。
この仕組みをもとに考える。
 
・ノートまとめ
 
【家庭科】
空き時間。
事務ワーク。
教材研究。
 
【給食】
お代わりをする。
 
【社会】
最初の5分は自習。
その間、掃除をする。
 
住民の願いはどのように実現するのか。
そのフローチャートを考える。
教科書や資料集には図示されているが、これでは理解が難しい。
ということで、もっと身近なもので考える。
 
クラスメイトの願いを実現するために…
クラスで案を出し合う。
その際、他のクラスメイトからも意見を募る。
そこで出た案を代表委員会で検討してもらう。
その後、実施する際には学校から物品などを提供してもらう。
 
ここで言葉を変換する。
クラスメイト→住民
クラス→役所
代表委員会→議会
学校→都道府県、国
 
住民の願いを実現するために…
役所で案を出し合う。
その際、他の住民からも意見を募る。
そこで出た案を議会で検討してもらう。
その後、実施する際には国や都道府県から物品(補助金)などを提供してもらう。
 
「なるほど、分かりやすい」という声が聞こえた。
よかった。
朝の時間に思いついた案だが…
「身近なものに例える」という手法が応用できそうだ。
 
【体育】
跳び箱。
・台上前転
・大きな台上前転
・首はね跳び
 
それぞれの課題に合わせて練習。
スモールステップの場を用意する。
 
【下校】
 
 

2018年1月15日「指導を振り返る」

3時頃に目がさめる。
息子がトイレに行きたいと起きた。
トイレに行った後、一緒に布団へ。
寝付くまで、一眠り。
4時過ぎに起きる。
 
今朝は一段と冷える。
月曜朝にしては、キツイな。
それでも、ルーティーンワークをこなす。
・体重測定
・体重記録
・起床時刻記録
・slack
・トレーニング
・哲学書黙読&視写
・支度
 
学校には5時半に着く。
教室へ。
・ノートチェック
・教材研究
・読書
 
読書は雑誌を読む。
朝のそわそわした気分にはちょうどいい。
7時40分過ぎに、数人の子どもが登校。
今日からミニコンサートに向けての朝練だ。
 
【全校朝会】
外で行う。
寒い。
最初、ブルブルと震えていた。
しかし、それではいかんと思い、背筋を伸ばす。
自然と寒さが和らぐ。
誰よりも良い姿勢を心がける。
 
【国語】
・フラッシュカード
テンポが大切。
しかし、週明け。
少し難しかった。
提示する順番、内容を吟味すべき。
月曜スタートには、少し“重さ”があった。
良い失敗だ。
 
・50問チャレンジ
先週トップだった子は…
今日は記録が落ちた。
想定内。
まだ脳が起きていない。
いや、起しきれていない。
活動にも順番がある。
何をどう行うか、非常に重要だ。
 
・新出漢字
4問行う。
その後、部首を使ったクイズを出す。
「くち」の部首を使った漢字は次のうちどれか。
回・加・和・中・器
それぞれに挙手をさせる。
全問正解者は…
いない。
これも少し難しかった。
いや、そういうつもりで出題したのだが…
ここまでの流れで“流れ”を掴んでいないのに、出すレベルではない。
うーん…
こちらのリズムもなかなかつかめない。
 
・高速読み
10題読む。
1つにつき1秒。
初見であろうと関係ない。
眼球の動きも鍛える。
 
・漢文音
さらっと行う。
 
・説明文
うーん…
もっと「アウトプット」の機会を与えるべきだ。
それも活発なもの。
課題が単調すぎるのだろう。
反省。
少し、盛り込みすぎた。
 
【算数】
単位換算表の復習を行う。
体積・長さ・重さをそれぞれ書き出す。
今日のメインは「体積と重さ」の関係。
図で示す。
その後、練習問題。
 
【中休み】
避難訓練がある。
自分が担当だ。
消化器訓練を行う。
消化器は来ていたが…
担当の方がいない。
え?
誰が説明するの?
想定外。
急遽、主事さんにお願いする。
なんとか無事に終える。
 
これだ。
今日は、このことがずっと頭にあった。
これで無意識にも「気」を張っていた。
避難訓練後、少し肩の荷がおりた。
 
【社会】
教科書を中心に進める。
教材研究の甘さが出ている。
どうも「一方通行」な授業に陥りがちだ。
教材研究の方向性が…
違うのかもしれない。
知識を入れるだけじゃない。
反省。
 
避難訓練があったため、短縮して終える。
 
【計算】
なんこれを行う。
やっと、自分の気持ちが戻ってきた。
どうやら朝から気を張っていたのかもしれない。
少し解放される。
エネルギーも出てくる。
 
あまりのあるわり算。
ここもいつものように行う。
「暗記」タイムをとった。
記録が伸びる。
これでいい。
 
【給食】
久しぶりのお代わり。
 
【掃除】
 
【音楽】
専科。
補教に入る。
 
【クラブ】
見ているだけでは、暇だ。
 
【放課後】
学年の仕事。
卒アル関係。
 
18時に退勤。
私用で出かける。
22時過ぎに帰宅。
 
 

2018年1月14日「読書ができる休日」

4時に起きる。
朝は家で一仕事。
6時半に、カフェへ。
そこから再び仕事をする。
主に今週の振り返り。
9時前に帰宅。
ここから息子・娘と過ごす。
 
午後、時間を見つけて読書。
今日で2冊読了。
必要なところだけを読む。
 
夜、今日の振り返り。
読書。
今週も頑張った。
 
 

2018年1月13日「授業のリズムを作りたい」

4時過ぎに起床。
昨日の就寝が遅かったので、今朝は4時過ぎ。
けれども、眠い。
が、今週のラストだ。
少し無理をしてでも、“授業”のリズムを保ちたかった。
教材研究をしたい。
頑張って体を起こす。
 
朝の活動は一時停止。
最低限の活動だけを済まして出勤…
しようと思ったが、よく考えれば、そこまで焦る必要もない。
昨夜は帰宅も遅かったので、振り返りができていない。
昨日の振り返りを行う。
そのため、家を出たのが5時半過ぎになってしまった。
 
6時過ぎに到着。
事務ワーク。
学校公開の予定を入力。
相方にメッセージ付箋を残し教室へ。
今日の構想を練る。
昨日の段階で、おおかたイメージはできている。
あとは詰めるだけ。
 
時間が余った。
教室の机の中の整理をする。
モノを全部出す。
いるもの/いらないものに仕分ける。
バンバン捨てる。
スッキリした。
 
子どもが登校。
文集作業。
その間、私は教室の掃除。
大型テレビの周りも綺麗にする。
いかに余計なものが多いことか…
 
8:10、続々と登校する。
今日は、出停も合わせて休みが6人。
 
【読書タイム】
時間になる。
文集作業をする子もいる。
「相談」と称して、立ち歩く子もいる。
(本当に相談していた)
が、読書をきちんとしている子もいる。
自席でできることをするように言う。
その後、集中時間。
音ひとつしない…
結局、始まってしまえばできる。
始まるまでが課題なのだ。
システム化してしまうのもいいが…
今は、どこに注力するかにもよるだろう。
 
【算数】
なんのこれしき。
今週は始業式を除いて、毎日行っている。
これは継続することで力が伸びてくる。
1分切りは2人。
1分台は11人。
2分台は1人。
今日は欠席が多いので、見た目の数ではインパクトはないが…
実際は、大きく伸びている子がいる。
来週いっぱいは続けてもいい。
そうなると、レベル的に「頭打ち」になるだろう。
次の手立てが必要になる。
 
あまりのあるわり算。
10問ずつを10秒制限。
3セット行う。
ほとんどが解き終わらない。
商だけでいいのだが…
まだ“計算”している状態。
パッと反射的には出てこない。
これは、スモールステップでいこう。
 
ベーシックドリル。
5年生の復習を行う。
 
【国語】
フラッシュカード。
まずは「魚」の名前から。
初見では、そのほとんどが読めない。
「鰒(ふぐ)」は、ギリギリ読めたか…。
5つ行う。
2回目、3回目になるとインプットが進む。
 
続いて国名。
8割は昨日のカードをそのまま提示する。
ほとんど読める。
今日新たに数枚提示。
「救世主国」はなんと読むか。
エルサルバドル」である。
これは分からない。笑
だが、こういう難問が子どもを惹きつける。
 
新出漢字5つ。
その後、高速読み。
「創」の部首は「りっとう」である。
「りっとう」を使う漢字を書き出す。
創・削・割・利・則・制
これらを使った熟語を考える。
「則」が一字目にくる熟語がうかばない…
二字目なら「規則」「反則」などあるのだが…
なかなか出てこない。
私も分からなかった。
 
漢字50問チャレンジ。
4分間。
今日は13人が合格。
昨日よりも伸びている。
熟語の最高は24個。
ある子がグンと伸びた。
家で練習してきているのだろうか。
すごい。
 
文音読。
教科書音読。
説明文教材に入る。
 
「めったに」の使い方を教える。
「ない」などの打ち消しの言葉が入る。
「めったに〜ない」を使った短文を発表。
・僕は勉強ばかりしているので、めったにゲームをしない。
爆笑。
誰が発言するかにもよる。笑
 
「ゆるぎない」の言葉について。
意味を予想して発言。
大方合っている。
「ゆるぎない」を使った短文を発表。
なかなか面白い。
タイムアップ。
 
【算数】
体積の単位換算を行う。
kL hL daL L dL cL mL
これらと「㎥」と「㎤」との関係を考える。
その後、練習問題。
最後はノートまとめ。
 
【社会】
数字を書く。
子どもたちが住んでいる地域の人口の推移だが…
単位は書かない。
そのため、何の数字かが分からない。
・先生の体重の変化
・先生の身長の変化
・先生の年齢の変化
・先生の髪の毛の本数
先生シリーズから抜け出せない。笑
面白いが、近づかない。笑
高齢者の平均寿命
高齢者の割合
近づいてきた。
ある子が、言い当てる。
正解。
単位を書く。
その後、前回学んだ「少子化」「高齢化」の単語を板書。
この地域も同様のことが言えるかどうか。
「14歳以下」「65歳以上」の割合をクイズ形式で出す。
最後はノートまとめ。
感想を発言。
 
【下校】
さようなら
教室の掃除。
机の整頓。
 
職員室へ行き、5分ほど相方と打ち合わせ。
退勤。
 
午後は、少しだけ自分の時間をとる。
昼食後、カフェへ。
今日の振り返り。
今週の振り返り。
 
 
 

2018年1月12日「フラッシュカード」

3:45に起きる。
この時間帯が定着してきただろうか。
特に違和感もない。
思い返せば、冬場はいつも早起きしている。
寒いのに…?
そう、寒いのにもかかわらずである。
「自分、頑張ってるじゃん」感が強いのだろうか?
寒さにも強い?
このあたり、自分自身のことながら興味深い。
 
出勤。
5:15に到着。
教室へ。
今日の構想を練る。
そこから40分ほどかけて「フラッシュカード」を作成する。
・国名
・魚の名前
この2種類だ。
全部で50枚ほど作っただろうか。
早速今日から活用しよう。
 
7時40分、子どもが登校。
文集の作業だ。
朝から頑張っている。
クラブの朝練も。
今日がいよいよ発表だ。
 
全員が登校するまで、書き初めを展示する。
 
【クラブ発表】
これまで毎朝練習してきたのを知っていた。
その成果が発揮された。
とても楽しい演奏。
聞いていて心地よくなる。
 
【国語】
フラッシュカード。
予想通り…
ほとんど読めない。
だからこそ、クイズ感覚になる。
それでいい。
カードが一巡したら、答えをバンバン言っていく。
そこからはテンポが上がる。
 
新出漢字5つ。
その後、高速読み。
「就」の部首について考える。
「京へん」と答える子。
そう思うよなぁ…
正解は右側部分の「だいのまげあし」だ。
 
次に「射」の部首。
これは「寸(すん)」である。
「寸」の部首を使った漢字を見つける。
討・村・謝・付
これらがまず出てきた。
しかし…これらは違うのだ。
討は、ごんべん。
村は、きへん。
謝は、ごんべん。
付は、にんべんである。
再び思考…
ここからいくつか出てきた。
対・導・専・将・寺・尊
これらは「すん」の部首である。
 
これらの漢字を使った熟語を考える。
出来た子から、板書。
色々と出る。
 
続いて漢字50問チャレンジ。
制限時間は4分間。
15人が全問終える。
熟語最高は22個だ。
 
漢文の音読。
だいぶ覚えてきたか。
 
2回戦。
読みのペースを上げていく。
 
【算数】
なんのこれしき。
1分切りは4人になった。
1分台は13人。
2分台は0人。
3分ジャストが1人という結果。
伸びてきている。
 
重さの単位換算。
「t」の単位が新たに入る。
練習問題。
 
ノートまとめ。
 
時間が5分あったので、天空じゃんけんを行う。
なかなかのハードなゲーム。笑
 
【図工】
空き時間。
事務ワーク。
避難訓練の確認。
教材研究。
 
【理科】
教科書の資料を中心に組み立てる。
ここは「資料」がものをいう。
最後にノートまとめ。
 
【国語】
漢文の音読。
 
短歌作り。
5分という時間で、とにかく1つ作る。
匿名でこちらが読み上げる。
一番心に響いた短歌に挙手。
短歌選手権だ。
なかなか面白い。
 
ことわざカルタ。
3グループに分かれて行う。
読み手は自分。
普通には読まない。
思考が入る読み方をする。
 
【下校】
教室の掃除。
学年会。
 
用事があるため17:30過ぎには退勤。
それでも12時間滞在。
頑張った。
 
八王子へ。
帰宅は22時になってしまった。
帰りの電車で、偶然前の職場で一緒だった先輩に会う。
懐かしい。
 
明日も勤務日。
土曜公開授業だ。
リズムを作りたい。